よどがわ生協トップ > 生協からのお知らせ > 【11月1回おすすめ】11月11日は「鮭の日」!北海道産の時鮭(ときしらず)

生協からのお知らせ

【11月1回おすすめ】11月11日は「鮭の日」!北海道産の時鮭(ときしらず)

投稿日時:2017年10月16日

なぜ11月11日が「鮭の日」?

あるお菓子の記念日に隠れてしまってあまり知られていないのですが、実は11月11日は「鮭の日」でもあるのです。
「鮭」という漢字をよ~くご覧ください。右側のつくりの部分をばらすと「十一十一(じゅういち じゅういち)」となりますよね。
単純ですがこれが由来となっているようです。確かに、この時季はちょうど秋鮭が旬としてよく見られます。
今回は、秋鮭の商品だけでなく、北海道産「時鮭(ときしらず)」もご紹介します。



時鮭とは?

北海道の高級食材として、食通のあいだで人気がある「時鮭」。 本来、秋に産まれた河に帰ってくる鮭ですが、初夏(5~6月)に水揚げされる鮭なので、北海道で時鮭は「時不和=ときしらず」と呼ばれています。
若い鮭なので、栄養が全身にいきわたっており、脂質も高くしっとりした食感で、一度食べたらクセになるほどの美味しさと言われています。
今回は、そんな時鮭を、天日塩を使った氷塩水で三日三晩じっくり低温熟成させた「氷塩熟成時鮭切身」をぜひおすすめしたいです!
原料事情により、次回より値上げしてしまいますので、この機会をお見逃しなく!



画像を拡大する(PDF)

よどがわさん イメージ

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

震災バス

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー