よどがわ生協トップ > 活動報告ブログ > 生協全体の活動 > 平和

みんなで取り組んでいます 生協全体の活動

ヒバクシャ国際署名 取組み報告

2017年10月31日

よどがわ市民生協では、核兵器のない平和な世界をめざし、「ヒバクシャ国際署名」に取り組みました。
昨年度に組合員5,000名を対象に行ったアンケート『2016年度社会的諸問題意識調査』では、84%の組合員が「核兵器は廃絶すべき」と回答され、その声に応えるためにも署名を呼びかけました。

10月6日時点で、署名枚数3,112枚・署名筆数8,759筆が集まりました。
集めた署名は、国連へ届けます。

syomeipic.jpg
※写真は集まった署名です(高さ約30㎝)

<取り組み期間中、組合員さんからいただいたお声>
「お盆で娘が帰ってくるので、娘にも署名をしてもらいたい。お盆明け提出でもいいですか?」
「近所の人にも署名してほしい。よどがわ生協の組合員以外の人にも署名してもらっていいですか?」
「核兵器は本当に怖い。廃絶されることを願います」

*今後も引き続き平和に向けての取り組みをおこなっていきますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

ヒロシマ・ピースツアー 開催報告

2017年10月06日

8月5日(土)~6日(日)ヒロシマ・ピースツアーを開催し、17名(組合員13名、事務局4名)が参加しました。

<8月5日(土)>1日目
初日は、日本生協連主催ピースアクション「アニメと被爆証言」企画に参加し、矢野美耶古さんから被爆の証言をお聞きしました。
被爆した当時(14歳)に受けていた差別や、戦争が当たり前で「なぜ戦争をしているのか?」という疑問さえ抱いていなかった当時の状況を知りました。
今年7月7日に核兵器禁止条約が採択された事に対し、「本当に長かった」と喜びを語られていました。

hjrosima1.jpg

お昼からは、日本生協連主催の「虹のひろば」に参加しました。オープニングは広島市立東原中学校演奏部の演奏から始まり、
広島市立沼田高校演劇部による演劇『風の電車』がありました。その後は、各団体の平和に関する展示物を見て周りました。
特に、広島市立基町高校が制作した「原爆の絵」展示ブースには多くの参加者が集まっていました。被爆者の方から聴き取り、何度も描きなおして出来上がったその絵には、高校生や被爆者の方の「次世代につなげなければ」という思いが詰まっていました。

hirosima2.jpg

虹のひろば終了後、広島平和記念資料館へ向かいました。資料館には、爆心地から半径2.5キロメートルの市街地を、被爆前と被爆後の航空写真を基にCGで再現した映像や遺留品の数々が展示されていました。遺留品を静かにじっと見ている方や子どもに説明している参加者の姿が見られました。焼け焦げた三輪車、溶けたガラス瓶、原爆投下直後の写真など、核兵器の脅威を学びました。


<8月6日>2日目
8:00から平和祈念式典に参加しました。平和記念公園には海外からも多くの方が集まられており、会場では原爆が投下された8:15から1分間黙祷を行い、平和への祈りを捧げました。

式典終了後、日本生協連の碑めぐり(フィールドワーク)に参加しました。慰霊碑や像を見て回り、説明を聞いている中で参加者の方からの熱心な質問もありました。広島県生協連の方の「被爆者の方々の辛い経験を伝えていく事が使命だと思っている」という想いに、胸打たれました。

hirosima3.jpg

午後からは、爆心地から約3.7㎞離れた「江波山気象館」を見学しました。当時の気象図や黒い雨の降雨時間などを記した当時の資料を見たり、サイエンスショーなど親子で楽しめるアトラクションを体験しました。

                         
<参加者感想 ※一部抜粋>
「各所で行われた戦争と原爆の証言や展示、パフォーマンスに触れて、その恐ろしさと惨さ、虚しさに胸打たれました。戦後72年もたって薄れていく戦争の惨禍を忘れない、繰り返さないために、家族、友人、出会う人々に伝えることが私の使命でもあることを感じました」
「今回のヒロシマ・ピースツアーを通じ、本当にたくさんの事を学びました。感じた事・聞いたこと・見た事、それを伝えていこうと感じました」

hirosima4.jpg

12月2日 ピースキャンドルナイト 開催報告

2016年12月13日

12月2日(金)、豊中市千里中央駅近くのせんちゅうパル北広場にて、
「ピースキャンドルナイト2016」を開催しました。
(後援:豊中市)
1202kyandoru9.jpg

今年で開催6年目を迎えるこのピースキャンドルナイトは、『核兵器のない世界と平和を求め、キャンドルに明かりを灯し、市民へ平和のメッセージを発信すること』を目的としています。
LEDキャンドルに照らされた「PEACE」の文字に道行く人も立ち止まって眺める姿が多くみられました。(小さいお子さんも安心して参加できるよう、昨年よりLEDキャンドルを利用しています。)

1202kyandoru1.JPG 1202kyandoru2.jpg

会場ではキャンドルスタンド作りブースを設け、お子さんたちが熱心に空き瓶にイラストなどを描いていました。
1202kyandoru3.jpg 1202kyandoru4.jpg

展示ブースでは豊中市からお借りした原爆被害の様子などのパネルを展示しました。
大人だけでなく子どもも熱心に見つめていました。また、展示ブースでは核兵器禁止署名並びに平和募金の呼びかけも行いました。
1202kyandoru7.jpg 1202kyandoru8.jpg

当日は、約700名の方にご参加いただきました。
昨年と同会場という事もあり、参加者の方から「去年もやっていましたよね!」「もうあれから1年経ったのですね」と声を掛けていただきました。

イベントの中で参加者同士の交流も深まり、平和の意味を考えさせられる一日となりました。

1202kyandoru10.jpg

ヒロシマピースツアー報告

2016年08月17日

2016年は被爆71年。今年も広島に原爆が落とされた8月6日に合わせて「ヒロシマピースツアー8/5~6」を行いました。
大人11名、子ども4名、事務局4名の合計19名で様々な企画に参加してきました。

8月5日、広島に到着して全員で「アニメと被爆証言」に参加し、矢野 美耶古さんによる被爆体験のお話をお聞きしました。
午後からは日本生協連主催の虹のひろばに参加しました。
オープニングは私立広島文教女子大学付属高校 和太鼓部「文教太鼓 葵」の演奏から始まり、
広島市長のあいさつ、若者からのリレーメッセージ
(私立近畿大学付属広島高校の学生による『原爆ドーム』爪楊枝アート、
広島市立基町高校の学生による『原爆の絵』、広島県立福山工業高校の学生による『被爆直後の広島市内の復元映像』)がありました。
そのあとは、各ブースを自由に周り生協取り組む平和活動に触れました。
「被爆したこの話を次の世代につなげなければ」という思いから、
広島の高校生たちが被爆者のお話を聞いて、絵に現した展示ブースは多くの参加者が集まっていました。


8月6日は平和祈念式典に参加しました。
平和記念公園には多くの人が集まっておられ、会場は8:15、平和公園内で黙祷を行いました。
10:00からはボランティアの渡部さんによる碑めぐり(フィールドワーク)に参加しました。

午後は、爆心地から約3.7㎞離れた「江波山気象館」の見学を行いました。
当時の気象図や黒い雨の降雨時間などを記した当時の資料などを見るとともに、
サイエンスショー等親子で楽しめるアトラクションも多数ありました。

大変暑い中でしたが、参加者全員平和について考える貴重な時間となりました。

【参加者感想】
・今回71年目に生協のピースツアーに参加し貴重な体験が出来ました。
 被爆の体験談は重々しくつらいものでした。
 ただ生きるだけでなく自分たちに何が出来るのかと考え、行動をする事。
 平和は私たち一人ひとりの手でつくりあげていかなければいけないと思いました。(60代女性)
・今回の碑めぐりは90分、暑い中で大変だなぁと心配していましたが本当に有意義な時間を過ごしました。(70代女性)


3月9日(水)カフェ コモンズにて『憲法カフェ』開催しました♪

2016年03月16日

弁護士の小谷成美先生(明日の自由を守る若手弁護士の会 所属)にお越しいただき、『憲法カフェ』を開催しました。天候はあいにくの雨でしたが、予定通り21名が参加され、カフェ店内は満員となりました♪

  

まずは憲法のことをわかりやすく『クイズ形式』にして、楽しみながら勉強♪
また、難しい言葉だけではなく、紙芝居も取り入れて『憲法のはじまり』をわかりやすく解説していただきました(^_^)

  

小谷先生の話を聞いた後は、参加者でグループディスカッションを実施。
各グループで話し合った結果を発表し合うことで、色々な方のご意見や感想をお互いに聞くことができました★

憲法について、もっと身近に感じてほしい!という想いから今回初めて試みた『憲法カフェ』。ランチを食べながら気軽に話を聞いてもらうことができ、参加者みなさんとても満足された様子でした♪

<参加者感想>
・絵もかわいくて、すごくわかりやすかったです★
・お話が大変わかりやすく、頭の中が整理できました!
・憲法というと近づきがたいイメージでしたが、とても身近に感じる事ができました。また知らないととんでもないことになる、知っておくべき事がたくさんあると思いました!

12/4(金)ピースキャンドルナイトを開催しました☆

2015年12月15日

12月4日(金)豊中市千里中央のせんちゅうパル北広場にて、『ピースキャンドルナイト2015』を開催しました。
戦後70年を迎え、核兵器のない世界と平和の実現を願い、組合員から寄せられた空きビンで作ったキャンドルで「PEACE」の文字と「ハート」の形を描き、平和への願いを込めました(^_^)

kyanndorunaito20151.JPG kyanndorunaito20152.JPG
準備をして、17時30分に点灯スタート!

kyanndorunaito20153.JPG kyandnorunaito20154.JPG
キャンドルスタンドづくりコーナーにはたくさんのお子さんが参加され、みんなとても上手に作っていました。
今年からはLEDのキャンドルを使用し、小さなお子様でも安全に点灯してもらえるようにしています。

kyanndorunaito20155.JPG kyanndorunaito20156.JPG
豊中市が保有している原爆資料をお借りする事ができたので、核兵器廃絶や平和について考えるパネル展示もおこないました。

「集団的自衛権はなぜ違憲?」木村草太氏講演会を開催

2015年09月10日

2015年9月5日(土)大阪よどがわ市民生協理事会と労働組合との共催で、
「集団的自衛権はなぜ違憲なのか」をテーマにした講演会を新大阪にて開催し、
組合員・役職員計137名が参加しました。

講演では「主権とは?」から始まり、武力行使と治安(警察)活動との違い、
国際法の原則と歴史、日本国憲法の原則、安全保障法案の問題点まで簡潔にポイントを押さえてご説明頂きました。
参加者からは
「難しい話を身近な事柄に置き換えて説明して頂いたので『なるほど!』と思ったことが沢山ありました」

「何となく『違憲だ!』と言われているからそうなんだろうと考えていましたが、
改めて集団的自衛権は違憲と認識し、私が憲法を知る第1歩になりました」

「今議論が行われている法案の賛成派と反対派の議論が噛み合わない理由が分かりました。
論理的にお話いただき分かりやすかったので友人・知人にも広げたいと思います」
との感想が寄せられました。

木村草太氏講演会


ヒロシマピースツアー報告

2015年08月13日

2015年は被爆70年。今年も広島に原爆が落とされた8月6日に合わせて「ヒロシマピースツアー8/5~6」を行いました。

大人8名、子ども7名、事務局4名の合計19名で様々な企画に参加してきました。

8月5日、広島に到着し、親子組は「アニメと被爆証言」に参加。大人組は「入市被爆の証言」に参加。


ヒロシマピースツアー報告

午後からは日本生協連主催の虹のひろばに参加しました。被爆ヴァイオリンと被爆ピアノの演奏から始まり、広島市長のあいさつ、リレーメッセージ(被爆者の方のお話、高校生の原爆劇、子ども平和会議アピール文)がありました。そのあとは各ブースを自由に周り、生協の取り組む平和活動に触れました。「被爆したこの話を次の世代につなげなければ」という思いから、広島の高校生たちが被爆者のお話を聞いて絵に表した展示ブースは多くの参加者が集まっていました。


ヒロシマピースツアー報告


8月6日、平和祈念式典に参加するため朝早く広島駅に向かいましたが、平和記念公園に向かう路面電車の乗り場には例年にない長蛇の列ができていました。8:15、平和公園内で黙祷を行いました。午前中には、大学生ボランティアによる碑めぐりに参加しました。


ヒロシマピースツアー報告


午後は、爆心地から約3.7㎞離れた「江波山気象館」の見学を行いました。当時の気象図や黒い雨の降雨時間などを記した当時の資料などを見るとともに、サイエンスショー等親子で楽しめるアトラクションも多数ありました。


ヒロシマピースツアー報告


1泊2日の短い期間ですが、平和について親子で考える貴重な時間となりました。


ヒロシマピースツアー報告

<参加者感想>一部抜粋
・私自身ある程度の戦争や原爆について学んでいましたが、今回の被爆証言では知らない事実が多くありました。
 いかに同じ日本人でも真実が全国に伝わっていないのか痛感しました。
 来年も復習をしながら娘とピースツアーに参加できればと思います。(40代女性)
・原爆は罪のない人も巻き込んでしまうのでダメだと思います。私は平和な国がたくさん増えたらいいと思います。(10才)
・今まで戦争という言葉を幾度となく耳にしていますが、どこかで教科書の中にある歴史の1つ、またはテレビの中の出来事の感覚 でしたが、その時代をその場を経験した人の話を直接伺って、急に身近な現実のものと実感しました。死ぬのも地獄、生きるのも地獄、私なら生き抜くことができただろうか。(40代女性)

こどもたちに平和な未来を~親子で平和を考えよう♪【報告】

2015年08月13日

夏休み中の2015年7月29日(水)、5月にニューヨークで行われたNPT再検討会議でよどがわ生協の代表2名が現地で同じグループで活動した千葉県在住の被爆者児玉三智子さんをお招きし、被爆体験のお話をしていただきました。

吹田市内の小学校・中学校の児童のみなさんにもお知らせを配布させていただき、当日は87名の参加がありました。(うち小学生30名)

児玉さんがわかりやすく丁寧に、時に感情があふれ出るような声でお話いただき、子どもたちも一生懸命聞いていました。大人の方は児玉さんのお話を聞き、涙を流されている方もおられました。


親子で平和を考えよう


後半は、大人と子どもで部屋を分け、大人はNPT再検討会議の報告、子どもたちはパネルシアターや被爆体験のお話を聞いての冊子作り、和紙を使ったキャンドルスタンド作りを行いました。

大人の部では、児玉さんよりこれからの若い世代の方に向けて「今日聞いた話をぜひお子さんに伝えていただき、つなげてほしい。私は自分が動ける限り被爆の実相の話を国内・国外でしたいと思っていますが、年齢も上がりいつまでできるかわかりません。今日来ている若いみなさんにぜひ、つなげていただきたいと思います」と熱いメッセージをいただきました。


親子で平和を考えよう

親子で平和を考えよう

企画終了後、何組もの親子が児玉さんに話しかけていました。


親子で平和を考えよう

参加者感想 (一部抜粋)

・司会者の方が言われた通り、子どもと一緒に お話を聞かせていただいてよかったです。
子どものためにと思って、参加しましたが私自身がお話を聞けて本当に良かったと思います。(40代)
・戦争体験した祖母から少し話を聞いたこともありますが、被爆された方の本当に辛い体験を胸が詰まりながらずっと聞かせていただきました。戦争を知らない私たちが今後はこの思いを忘れず、語りついでいきたいです。(30代)
・次の世代に平和を受け継いでいくために、一人ひとりの意識を高めることが不可欠かな。大切な時間をありがとうございました。(30代)
・平和な未来がずっと続いてほしい。(4年生)
・戦争はしたくない。(5年生)
・工作は夏休みの作品になりそうでよかった。(2年生)

こどもたちに平和な未来を~親子で平和を考えよう♪【報告】
後援:吹田市、吹田市教育委員会

『ピースキャンドルナイト』開催しました♪12月21日(土)

2013年12月26日

12月21日(土)、茨木市役所前グラウンドにて平和への祈りを捧げる『ピースキャンドルナイト』を開催しました。 ペットボトルで作ったキャンドルで「PEACE」の文字をグラウンドに描き、平和への願いを込めて一つ一つ火を灯しました。今年で3年目を迎える今回は、空きビンを利用したキャンドルも準備し、クリスマスも近いことから「HappyXmas2013」を描きました。

%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E2%91%A0.jpg
PEACE Happy Xmas 2013 

%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E2%91%A1.jpg %E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E2%91%A2.jpg
豊中で活動中のゴスペルサークル「ハッピーデイ」さんによるミニコンサート♪

%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E7%A7%BB%E5%8B%95%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E2%91%A3.jpg %E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E2%91%A8.jpg
移動カフェ「EZY CAFE」には、温かい飲み物等を提供してもらいました。ペットボトルが余ったので「ハート」も描きましたよ。

%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E2%91%A4.jpg %E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E2%91%A5.jpg
オリジナルのキャンドルスタンドづくりコーナーも設置。お子さんも楽しんで参加されていました。核兵器廃絶や平和について考えるパネル展示もおこないました。


%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E2%91%A7.jpg %E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E2%91%A6.jpg
当日のお手伝いや、空きビンの回収にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

よどがわさん イメージ

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー