よどがわ生協トップ > 生協からのお知らせ > 重要なお知らせ > 「鳥インフルエンザ」への対応について

重要なお知らせ

「鳥インフルエンザ」への対応について

2011年01月28日

鹿児島県出水市で発生した「鳥インフルエンザ」への対応について

組合員の皆様へ


 2011年1月26日、鹿児島県出水市で鳥インフルエンザの発生が確認され、
これを受けて当該の農場から半径10Kmは移動制限区域に設定されました。

 移動制限区域内には、よどがわ生協の産直たまごや産直鶏肉でお世話になっている、マルイ農協様があり、
「移動禁止区域に関らず、全てのマルイ農協生産物(鶏卵・鶏肉)の移動を自粛する」との連絡がありました。

 マルイ農協様を含め、産地・生産者の皆様に心からお見舞いを申し上げます。
よどがわ生協は、マルイ農協はじめ産地での一刻も早い復旧・再開に向けて、
組合員のみなさんの協力(募金、再開でのご利用など)で取り組みをすすめます。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 内閣府食品安全委員会は、2011年1月26日付の発表で
「鶏卵・鶏肉の安全性について、我が国の現状においては、鶏肉や鶏卵を食べることにより、
高病原性鳥インフルエンザがヒトに感染する可能性はない」
との考え方を示しています。

 鳥インフルエンザウイルスは熱に弱く、万一、食品中にウイルスが存在したとしても、
鶏肉や卵のすべての部分が75℃に達するよう十分加熱することで、ウイルスは死滅します。
 なお、お届けするたまごは殺菌・洗浄していますので、消費期限内であれば問題ありません。
安心してお召し上がりください。

今後の商品お届けについて

・移動禁止区域にかかわらず、マルイ農協さんが移動を自粛されますので、マルイ農協の商品は一部冷凍を除いて、当面お届けできなくなります。
卵については代替産地でお届けできるよう努力いたします。
・詳細について、共同購入はその都度チラシ等でお知らせいたします。 店舗は店頭掲示をご確認ください。

食品安全委員会ホームページ『鳥インフルエンザについて』

食品安全委員会ホームページ『鶏肉・鶏卵の安全性に関する食品安全委員会の考え方』

コールセンター 0120-727-263
月~金 9:00~21:30 土 9:00~17:00

関連するおしらせ一覧はこちら