よどがわ生協トップ > 生協からのお知らせ > 重要なお知らせ > 夕食サポート事業弁当用米についてのお詫びとお知らせ

重要なお知らせ

夕食サポート事業弁当用米についてのお詫びとお知らせ

2013年10月04日

いつも、大阪よどがわ市民生協をご利用いただき、誠にありがとうございます。
当生協夕食サポート事業の弁当に偽装米使用の疑いがあることが明らかになり
ましたので以下ご報告いたします。

【経過】
9月26日(木)、当生協夕食サポート事業の弁当製造元である(株)日本フーズ
デリカが「三瀧商事株式会社から仕入れた国産指定米に、中国産米が混入して
いた」旨の社告を発表しました。これを受けて、当生協では事実確認をすすめて
きました。
本日、10月4日(金)、農林水産省及び三重県は、三瀧商事株式会社等が組織
的に米穀の産地・品種等の偽装、用途限定米穀(加工用米)の主食用途としての
販売、偽装の取引記録の作成等をおこなっていたことを確認し、米穀の不適正取
引に対する措置を発表しました。なお、農水省の立ち入り検査の結果によれば、
安全性に問題がある米穀が食用に流用されていたという事実は確認されていま
せん。

【対応】
当生協では、夕食サポート事業をご利用頂いている組合員の皆様に対して、9月
26日より既に下記の文書を配布し、判明している事実の説明とお詫びをおこなって
まいりました。
なお、現在(株)日本フーズデリカでは、米の仕入れ先を変更し、国産米を使用して
いることを確認しています。
この度は、組合員の皆様に大変ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
引き続き事実関係の掌握に努めるとともに、再発防止に向けて努力してまいります。

2013yuushoku.bmp

コールセンター 0120-727-263
月~金 9:00~21:30 土 9:00~17:00

関連するおしらせ一覧はこちら