よどがわ生協トップ > 活動報告ブログ > 地域での活動 > アウトドア 自然塾

みんなで取り組んでいます 生協全体の活動

アウトドア 自然塾

2009年05月01日

circle_08_1.gif
circle_08_2.jpg

自然を学び、自然で遊ぶ

発足したのは2002年、自然大好きの人達が集まりました。
自然に関することなら何でもありと考えています。今までの活動の内容を紹介すると…
◎草木染め
◎自然観察をしながらハイキング
◎自然の材料を使ったもの作り 
 等です。

染めの色が魅力

 草木染めは、桜、杉、くちなし、びわ、南天、セイタカアワダチソウ等、
その時期にある自然の材料でします。自然のものがない冬は小豆、コーヒー、玉ねぎ等で染めています。
桜、杉はピンク系の色、くちなしは黄色、びわは茶系に染まり、また媒染液を替えると異なる色になります。
同じ材料でも採取時期によって染め上がりの色が異なって、同じものはできません。それがとっても魅力です。

 ほとんどの草花や木が染料になるらしいので、まだまだ未知の草花や木がいっぱいあります。
これからの染めも大いに楽しみです。生協本部の調理室を借りて染めをしていますが、
皆でワイワイいいながら、作業するのも楽しいです。

ハイキングで感動

  自然観察をしながらハイキングの代表的なのは、春の七草を探そうハイキングです。
奈良の田んぼを歩きながら探すと、ありました! 春の七草、七つ全部。「セリ、ナズナ、ゴギョウ、
ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ」特にホトケノザ(コオニタビラコ)は見つからないかもしれないと
聞いていたので、七つ全部揃えられたのにはびっくりし、感激もしました。(七草といえば、
スーパーにならぶ「七草セット」しか知らない、自然に摘むことが出来る草だなんて、
思わなくなっていくのだろうな、と、でも探せばまだまだ自然は残っている。嬉しくもありました)

自然に癒されながらの活動

  自然の材料を使ったもの作りはじぶん達で採取してきた材料(藤のつるやサルトリイバラ、マテバシイ等)で、
クリスマスリース作りをしました。これからも自然の不思議に感動し、自然に癒されながらの活動を
続けたいと思っています。只今、塾生13名です。

よどがわさん イメージ