よどがわ生協トップ >生協からのお知らせ > 2012年4月

生協からのお知らせ

バックナンバー:2012年4月

ニュース

おおさかパルコープ・よどがわ市民生協オリジナルの共同開発ブランド【ココラボ】商品って?

投稿日時:2012年04月24日

おおさかパルコープ・よどがわ市民生協オリジナルの共同開発ブランド。マークは、組合員さん・生協・生産者やメーカーさんの三者の共同の顔を表す丸いデザイン。コミュニケーションの"コ"とコラボレーションの"コラボ"で「ココラボ」です。三者で作っていき、変えていける商品です。


<ココラボ商品ラインナップ>

わら焼き戻りかつおタタキ 恩納村産味付糸もずく

三陸沖で漁獲した戻りかつおを、わら焼きでたたきに仕上げました。添付のたれは土佐のゆずを使った特製です。

口あたりなめらかな糸もずくを、酸味をおさえた三杯酢で味付けしました。
国産ボンレスハム ロースハム使い切りパック

国産豚もも肉を使用し、食感と風味豊かに仕上げたボンレスハムです。無塩せき。

しっとりまろやかでほんのりとしたスモークの薫りが食欲をそそるロースハムです。無塩せき。
あらびきポークウインナー
パリッとした食感とお肉の旨みが活きたあらびきウインナーです。
無塩せき。
生しぼり絹豆腐
国産大豆を生から絞り、苦みと渋みの少ないなめらかな絹豆腐です。
5つのこだわり
(1)国産大豆を使用 
(2)消泡剤は使用していません 
(3)「にがり」を使用しています 
(4)「生しぼり製法」 
(5)衛生的な製法で日持ちします
鰹と昆布の一番だし松茸茶わんむし 鰹と昆布の一番だし海老茶わんむし

4種類の具材(松茸、枝豆、蒲鉾、鶏肉)が入った、鰹と昆布を炊き上げた一番だし仕立ての茶わんむしです。

5種類の具材(椎茸、えび、枝豆、蒲鉾、鶏肉)が入った、鰹と昆布を炊き上げた一番だし仕立ての茶わんむしです。
国産生芋だけでつくった糸こんにゃく カットタイプ 国産生芋だけでつくった糸こんにゃく

生芋こんにゃく(国産)を100%使用。使い勝手を大切にしたカットタイプの糸こんにゃくです(250gタイプ)。通常の糸こんにゃくは家庭で適当な長さにカットしますが、その手間を省きました。

使いきりやすい1袋150gサイズ。国産生芋だけでつくった糸こんにゃくです。
国産生芋だけでつくった板こんにゃく
生芋(国産)のみを使用した、弾力のある歯ごたえと味しみのよい板こんにゃくです。
じっくりと育てた三年もののこんにゃく芋をベースに先人の経験と知恵を受け継いで
丹念に創りあげたこんにゃくです。味しみ・食感が良いこんにゃくです。
富山コシヒカリ 無洗米富山コシヒカリ

富山県西部に位置するいなば農協に産地を指定したお米です。立山連峰を源とした冷たく豊かな水と富山の気象条件がおいしいお米を育みます。

富山県西部に位置するいなば農協に産地を指定したお米の、洗わずに炊ける無洗米です。立山連峰を源とした冷たく豊かな水と富山の気象条件がおいしいお米を育みます。

震災支援

【震災支援】震災復興イベント『3・11 from KANSAI』に参加しました

投稿日時:2012年04月11日

2012年3月10・11日(土・日)、大阪市北区にある梅田スカイビルにて復興イベントが開催されました。
よどがわ生協も出展参加し、ハートブローチと南部せんべいの販売を行いました。

ハートブローチ販売支援活動は、2度チラシにて組合員のみなさんへ販売を呼びかけ、1回目は781個、2回目は865個の注文がありました。

今回の復興イベントでも大好評で、かわいらしく丁寧に作られたハートブローチを「どの色にしようか♪」と人が集まりました。

また、関西ではめずらしい南部せんべいも人気でした。
展示物販ブース以外では、ステージイベントや震災ボランティア体験者が語りあうワールドカフェ、関西へ避難して来た方の情報交換の場「避難者のつどい」など、多数のイベントが行われ、11日午後2時46分18秒に、みんなで手を繋いで黙とうを捧げました。
関西の想いが届きますように…。

120402shinsai-photo.jpg
支援の呼びかけに次々と人が集まりました。

120402shinsai-chirashi.jpg
『3・11 from KANSAI』のチラシ



募金活動報告(2012年3月27日現在)

遠野まごころネット募金(まごころネットの運営サポートとして) 4,581,000円
[募金方法]カンパ欄1416番に個数(100円単位)を記入。

今後も募金にご協力をお願いいたします。

03イベント

【よどがわ生協限定】春の田植えと秋の稲刈りバスツアー(5月12日)

投稿日時:2012年04月02日

120512_taue01.jpg

毎年恒例の企画です。
みなさんが購入しているお米がどのような環境で作られているのか、自分達で実際に農業体験をしませんか??

120512_taue02.jpg

日時 5月12日(土)8:30JR茨木駅前集合
8:40 出発
11:00 現地(滋賀県日野町鎌掛)着
→田植え作業
12:00 昼食、生産者と交流
15:00 現地出発
17:00 JR茨木駅前 帰着予定
持ち物 着替え、タオル、帽子、お茶、
雨天の場合は 雨具の用意
参加費 (昼食付)3歳以上~ 2,500円
募集人数 40名
参加対象 組合員と同居する家族の方、3歳以上のお子様
応募方法 下記、「組織部」へお電話ください。
組織部からは、
(1)組合員さまのお名前
(2)組合員コード
(3)参加人数参加者全員のお名前・年齢をお尋ねします。
応募締切 2012年4月27日(金)まで。
当落の結果は2012年4月30日よりハガキでお知らせします。

  • ※この参加費は、田植えのみです。2012年9月の「稲刈り」の参加費は別途必要です。
  • ※当日キャンセルは、キャンセル料として全額頂きます。

主催/大阪よどがわ市民生協

120512_taue04.jpg

田植え参加者の声

120512_taue03.png
  • 息子と2人で参加させてもらいました。苗を植えつけていくと泥の感触が少し冷たくて気持ちよかったです。息子も産地の方に教えてもらった通りに、一生縣命植えていました。
  • 初めての『田植え経験』、楽しく参加させていただきました。泥に入ることを子ども達がどんな反応をするのかと見ていたら、最初はコワゴワ…。いざ入ってみるとその冷たい感じが面白く感じたようです♪親子共々、体験してみてよかったです。
  • (子ども)今年で2回目。最初は田んぼに入るのをとまどったけど、入ると気持ちよかったです♪植えるスピードも速くなってきて途中で「うまい!」と農家の人に言ってもらいました。田植えできてよかったです。
  • (子ども)楽しかったことは、蛙つかまえてくれたこと、きれいな石を拾ったこと、生き物が見れたこと。トン汁とおもちがおいしかった。また田植えに行きたいなぁ~♪

03イベント

「国際協同組合年企画」大阪の農業を知ろう!能勢の田んぼで田植え体験(5月26日)

投稿日時:2012年04月02日

~生協・農協が提携して企画しました~


kokusai_logo.jpg
開催日2012年5月26日(土)
募集人数40名(小学生以上、子どもだけでの申込みはできません)
参加費2,500円(大人・子ども同額)
※支払い方法は、当落結果のお知らせの際に当選者へ振込口座をご案内します。
出発地なんばOCAT・JR新大阪駅(バス1台の設定となります)
行先能勢町
※行程(予定)は別紙を参照下さい。
申込方法受付期間 2012年4月2日(月)~4月27日(金)
上記期間中にハガキ、FAX、大阪府生協連ホームページの専用バナーからのいずれかの方法で、大阪府生協連に直接お申込み下さい。

◇申込に記載いただく内容

・申込代表者の、郵便番号、住所、連絡先電話番号、ご加入されている生協名
・申込者全員のお名前、年齢(学年)
・バス乗車場所(なんばOCAT もしくは JR新大阪駅)
※申込多数の場合は抽選となります。抽選結果は5月5日頃に申込代表者にハガキにてお知らせいたします。


大阪府生活協同組合連合会 田植え体験担当宛
〒542-0012 大阪市中央区谷町7-4-15 大阪府社会福祉会館内
FAX 06-6762-7296
URL http://www.osaka-union.coop

よどがわさん イメージ

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー