よどがわ生協トップ > 活動報告ブログ > 生協全体の活動 > 2016年4月

みんなで取り組んでいます 生協全体の活動

バックナンバー:2016年4月

4月16日(土)大阪大学にて「博物館見学ツアー」を開催しました。

2016年04月25日

当日は大人6名、お子様8名(小学2年生~中学3年生)の計14名の参加がありました。
みなさん大阪大学の中に入られるのは初めてで、お子様も興味津々でした。
博物館の入り口の右手には、大学構内で発見されたマチカネワニ(40万年前の化石、日本で発見されたワニ類の化石第1号)の展示があり、参加者一同お子様もその大きさに驚かれていました。
博物館では担当教員の方に、日本初期のコンピューターや、江戸時代の顕微鏡、大阪大学の歴史や、校内で採取された昆虫の標本などの説明を1時間ほど聞きながら見学しました。
特に昆虫の標本を顕微鏡で見る事ができるコーナーでは、順番待ちをするほどお子様には人気がありました。

参加者からは「いつも入ることがない大学に入れて良かったです!」や
マチカネワニの大きさに「こんな大きなワニがここにいたんだ!」と驚きの声を上げておられました。

マチカネワニの標本

実際出土したマチカネワニの化石

昆虫の標本を顕微鏡で観察

担当教員の方も熱心に説明していただきました

マイナンバーについての学習会を開催しました

2016年04月07日

3月17日、東淀川区の大阪市立青少年センターにて
マイナンバー学習会「どうしていますか?マイナンバー」を開催し、38名が参加しました。

1月から運用が始まったマインバー制度。
「通知カードは届いたがカードを作らないといけないのか?」
「そもそも、なぜ日本国民1人1人に番号が付番されることになったのか?」
「これから番号がどのように使われていくのか?」について、
自治体情報政策研究所代表の黒田充氏を招いてお話して頂きました。

マイナンバー(個人番号)は、住民票のある全ての人にすでに付番されていますが、
住民票に記載されている場所に住んでいない人、戸籍はあるが住民登録がない、
国籍はあるが戸籍がない、不法滞在外国人や、番号は自分で書くことが原則だが、
認知症や障害などで自筆が難しい場合もあるなど、番号を受け取る、記入をする事だけでも様々な問題があります。

151226_ei.jpg

今後の可能性として、役所などに「番号の告知」が義務化されるかもしれないこと、
基本的人権を侵害する可能性があることや、個人情報の漏えいの危険性が高まること、スーパーなどで使っているポイントカードに使用されることで、
個人の嗜好などを通じてプロファイリングされる恐れがある事など、さまざまな危険性があることがわかりました。 

国民の大多数がよく理解できないまま運用が始まっています。
今後ますます利用範囲は拡大され、社会が激変する可能性もあります。
運用が開始されて「終わり」ではなく、不具合やおかしいと思ったことに対して、私たち自ら、声をあげていくことが大切だとわかりました。

151226_ei.jpg

【参加者感想】
・概要について知る事ができ、少しは理解が深まった気がします。
・壮大なマイナンバー構想を教えてもらい危機感を持ちました。
・自分の中で引っかかっていた不安や疑問が一挙に解明されました。

よどがわさん イメージ

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー