よどがわ生協トップ > 活動報告ブログ > 生協全体の活動 > 商品

みんなで取り組んでいます 生協全体の活動

クラブコスメチックスさん工場バスツアー 教えて!紫外線対策と夏の肌のお手入れ

2019年07月24日

コープ化粧品でおなじみのクラブコスメチックスさん(^_^)
どのように商品が作られているのかを学びに、奈良県五條市にある工場へ見学に行ってきました!

190627epron1.jpg

日時:6月26日(水) 
主催:商品活動委員会(エプロン委員会)
参加:19人

190627epron2.jpg

190627epron3.jpg

高野豆腐を使った実験を交えて、楽しく商品について教えていただきました。
「スキンローション」を使った浸透スピード比較や、保湿の持続力の実験が好評でした!

190627epron4.jpg

昼食は、地元企業さんのお弁当を食べながら
クラブコスメチックスの方々と交流しましたよ(*^_^*)

190627epron5.jpg

「お店で見るこの商品ってクラブコスメチックスさんなの!?」と新たな発見もあり、更にお気に入りのメーカーさんになりました♪


****参加者感想****

「学生の頃ぶりの工場見学で、ワクワクしました!」

「工場ですぐ近くまで見学できるのが良かったです(*^_^*)」

「こんなに手作業が多いとは思いませんでした。現地の見学大切ですね。商品に愛着がわきます」


エプロンNews 第7号を発行しました!

2019年06月14日

商品活動委員会(通称:エプロン委員会)が不定期発行しているかわら版
"エプロンニュース"をご紹介します(*^-^)ノ

*商品活動委員会とは・・・? →こちら

エプロンニュースは、「自分たちの活動をもっと組合員さんに知らせたい!」「商品にもっと関心を持ってもらいたい!」「企画に参加できなかった組合員さんにも内容を伝えたい」、という委員の思いから作成が始まりました。
おおよそ年に2号ずつ発行し、今回で7号目の発行となりました。

こだわりは委員の手書きです。分担を決め、1つ1つの記事を思いを込めて書いていきます。
しくみ上現在は組合員さん全員に配布することができていない為、今後はこのホームページ内ブログでも紹介していきます!

ぜひご覧ください(*^_^*)

*エプロンニュース 第7号   

epronnews_no7.jpg
<拡大して見る(PDF)>


【バックナンバー】 

*エプロンニュース 第1号(2016年10月発行)
epronnews_no1p.JPG

*エプロンニュース 第2号(2017年2月発行)
epronnews_no2p.JPG

*エプロンニュース 第3号(2017年10月発行)
epronnews_no3p.JPG

*エプロンニュース 第4号-1,2(2018年2月発行)
epronnews_no4-1p.JPG epronnews_no4-2p.JPG

*エプロンニュース 第5号-1,2(2018年6月発行)
epronnews_no5-1p.JPG epronnews_no5-2p.JPG

*エプロンニュース 第6号(2019年4月発行)
epronnews_no6.2.JPG

田植え体験ツアー♪開催報告

2019年05月14日

5月11日(土)に親子田植えバスツアーを開催しました(^o^♪)

滋賀県近江八幡市JAグリーン近江八幡西支店さんご協力の元、
15人の組合員さんとそのご家族に参加していただきました!

1905taue1.jpg 1905taue2.jpg

天候は雲が無いくらい綺麗な快晴でした!
地域の地形のお話や、稲のお話、植え方を教わり、いざ田植え開始・・・

田んぼが冷たくて気持ち良い~♪

1905taue3.jpg 1905taue4.jpg

お父さんが苗を植えるところに印をつけて、お母さんやお子さん、参加者みんなで協力して植えました。
一緒に田植え機にも乗せてもらいました♪

美味しいお米が出来ますように(^_^)/~

1905taue5.jpg 1905taue6.jpg

田植えの後は、お待ちかねの昼食&学習会。
頑張った後のご飯は格別です!

炊き立てのご飯「秋の詩」と、道の駅「きてか~な」オリジナルのお弁当、愛情たっぷりのお味噌汁を頂きました(*^_^*)

学習会ではクイズを交えて、お米についてやお米のこだわりを教えていただきました。

1905taue7.jpg 1905taue8.jpg

「田植えをしてほんとうに楽しかったです!」「子どもに田植えの経験をさせることができ感謝しています」「子どもの頃に返り楽しかったです♪」など、たくさんのお声を頂きました!

9月14日(土)には稲刈り体験のバスツアーも予定しています。
植えた苗がどんな風に育つのか今から楽しみです♪


※稲刈り体験バスツアーは<ティータイム8月号>にて参加募集予定です

『きらきらステップ』知ってる?簡単手作り離乳食

2019年05月07日

ひと手間加えるだけで簡単に手作りできる、国産素材使用の商品があることはみなさんご存じですか?

まだまだ知られていない、生協商品の良さやそこにある想いをぜひ知ってほしい!という願いから、お子さん(乳幼児)の食事作り・時短につながる『きらきらステップ』商品の学習会を開催しました!

日時:4月22日(月)10:30~12:00 
場所:摂津市立コミュニティプラザ
主催:商品活動委員会(エプロン委員会)  参加:14人

190422kirakira1.jpg

講師はコープきんき 宅配商品部の担当者さん。
『きらきらステップ』商品開発のコンセプトからこだわりまで、詳しく丁寧に教えていただきました(^^)

190422kirakira2.jpg

2017年春よりスタートした『きらきらステップ』は、乳幼児(5カ月頃~3歳)とその親のニーズに応えるコープのサブブランド。CO・OPならではの「安心感」と「共感」を感じられる商品コンセプトで、育児の苦労や悩みを少なくし、わが子の成長が「ステップアップ」することで、もたらされる喜びをもっと感じていただけるようにと願いが込められています。

商品の素材、大きさ、食感、対象月齢など、経験豊富な管理栄養士のアドバイスを受けて開発します。
また、お子さんに安心して与えられるよう、安全面を最優先し、商品設計や品質検査を行います。アレルゲンや食塩相当量もわかりやすく表示。なるべく国産素材を使用するなど原料段階からこだわっています。

一般のお店では見かけない、離乳食に便利な冷凍品をラインナップ。「子どもが小さくて、なかなかお買い物に行けない...」という方も、宅配でおうちまで届くので便利♪
コープならでわの商品なんですね(^^)

190422kirakira3.jpg 190422kirakira4.jpg

商品パッケージを手に取って見てみたり、レンジ調理のデモンストレーションや実際に試食して味を確かめました。
月齢に合せてすりつぶしたり、家にある食材と組み合わせたり、いろんなアレンジができます。

離乳食以外にも、介護食にも応用できそうです。また、産地指定の素材シリーズはお菓子づくりにも使えそうですね♪

190422kirakira5.jpg
こちらはきらきらステップ「3種の国産野菜としらすのおかゆ」。
少しずつカップに入っているので、使いたい分だけパパっと取り出して使えます。

190422kirakira6.jpg 190422kirakira7.jpg
こちらは産地指定の「北海道のうらごし枝豆」と「北海道のうらごしかぼちゃ」。ポーションタイプなので、これも使いたい分だけ使えて便利です。
今回は牛乳を加えてスープとして試飲しました♪

190422kirakira8.jpg
きらきらステップ「国産大豆と角切り野菜入りトマトコンソメソース」。トレーに入っています。
この他にも、「やわらかいミニうどん」や「国産米をふっくら炊いた白かゆ」など、いろんな商品があります。

からだのことを考えた食塩量の配慮(塩分を摂りすぎない、うすあじ設計)なども、『きらきらステップ』の嬉しいこだわりポイントです。

190422kira1.JPG
今回使用したのはこの商品。
きらきらステップ商品は、保存版カタログ「にこにこほっぺ」に掲載しています。

※にこにこほっぺカタログは毎週配布していません。次回配布は7月1回(7/1~)の予定です。
 (インターネット注文"eフレンズ"なら、にこにこほっぺ掲載商品をいつでも見て注文できますよ)

**今回参加された組合員さんのお声**

「もっと小さいお子さんがいる方に周知してあげてほしいです。私は子どもが1歳3か月で、ツイッターのクチコミで『きらきらステップ』を知りました。生協に加入したきっかけがこれです。ベビーフードよりも使いやすく、子どもが食べてくれる。便利さをアピールしてほしいです」


「おいしくてびっくりしました。手作りだと冷凍保存もそこまでもたないし...これなら便利ですね。もっと早く知りたかった」

「孫がそろそろ離乳食の時期...。今日聞いたことを子どもに伝えてあげたいです」

「昔はこんな商品がなかったので、頑張らないとダメだった。仕事している方も最近は多いし、助かると思います」


商品活動委員会(エプロン委員会)が発行している
『エプロンニュース』もぜひご覧ください!

エプロンNews 第6号を発行しました! 

2019年05月06日

商品活動委員会(通称:エプロン委員会)が不定期発行しているかわら版
"エプロンニュース"をご紹介します(*^-^)ノ

*商品活動委員会とは・・・? →こちら

エプロンニュースは、「自分たちの活動をもっと組合員さんに知らせたい!」「商品にもっと関心を持ってもらいたい!」「企画に参加できなかった組合員さんにも内容を伝えたい」、という委員の思いから作成が始まりました。
おおよそ年に2号ずつ発行し、今回で6号目の発行となりました。

こだわりは委員の手書きです。分担を決め、1つ1つの記事を思いを込めて書いていきます。
しくみ上現在は組合員さん全員に配布することができていない為、今後はこのホームページ内ブログでも紹介していきます!

ぜひご覧ください(*^_^*)

*エプロンニュース 第6号   

epronnews_no6.JPG
<拡大して見る(PDF)>


【バックナンバー】 

*エプロンニュース 第1号(2016年10月発行)
epronnews_no1p.JPG

*エプロンニュース 第2号(2017年2月発行)
epronnews_no2p.JPG

*エプロンニュース 第3号(2017年10月発行)
epronnews_no3p.JPG

*エプロンニュース 第4号-1,2(2018年2月発行)
epronnews_no4-1p.JPG epronnews_no4-2p.JPG

*エプロンニュース 第5号-1,2(2018年6月発行)
epronnews_no5-1p.JPG epronnews_no5-2p.JPG


エシカル商品ってなぁに?

2018年11月29日

コープきんきの職員さんを講師にお招きして、エシカル消費について詳しく学びました☆

エシカル消費のイメージは、「誰かの笑顔につながるお買いもの」。
生協は食の安全、環境保全、被災地応援など、これまでも様々な社会的課題に取り組んできましたが、エシカル消費は新しいことではなく、このように生協がずっと取り組んできたことなのです。

日時:11月20日(火)10時~12時  場所:摂津市立コミュニティプラザ 会議室
主催:商品活動委員会「エプロン」    参加:11人

181120ecical1.jpg

コープで取り扱いのあるエシカル商品について紹介いただき、実際にみんなで試食しながらワイワイ交流しましたよ(^_^)

フェアトレードのチョコレートや紅茶・コーヒー、応援食クッキー、芋けんぴ、コープ化粧品、セフター(洗剤)など...
沢山の商品を準備していただき、その商品を購入することがどうエシカルに結びつくのか、一つ一つ丁寧に教えてもらいました。

181120ecical2.jpg

<参加者の声・感想(^o^)>

「エシカルがもっと広がればいいと思います。コアノンロールもまた利用したいです(家族が少なくなってから市販品を利用していました)」

「エシカルと一言で言ってもいろんなものがあって、とても勉強になりました。これからも、もっと色々買ってみたいです」

「エシカルをよく理解することができました。商品についている色々なマークを確認してみようと思います」

「エシカルは特別難しいものではないことが分かりました」




☆☆エプロン委員会メンバー募集中☆☆

一緒に活動しませんか?(^o^)ご興味のある組合員さんは下記チラシをご覧いただき、
一度お気軽に組織部までお電話ください♪
20181129epron-001.jpg
チラシを拡大する


イサミ吉備高原牧場バスツアーを開催しました(8/1)

2018年08月02日

8月1日(水)、イサミさん吉備高原牧場体験バスツアーを行いました!(^^)!
大人18人・子ども11人が参加。猛暑の中での開催となりましたが、元気いっぱい楽しんでいただけました♪

180801_1.jpg 180801_2.jpg

牛舎の見学では、小さい子牛から出荷前の大きい牛まで沢山の牛さんを見ることができました。
また、和牛とホルスタイン牛の特徴や違いなども教えていただきました。
初めて間近で見る大きい牛さんにみんなびっくり!!

180801_3.jpg 180801_4.jpg

エサやり体験では、手から直接牛さんに食べてもらいました。
こんなに大きい飼料もあげちゃいます!たくさん食べて大きくなってね。

180801_5.jpg 180801_6.jpg

お昼ご飯は、焼きたての美味しいお肉を準備してもらいました!美味しいお肉の焼き方も教えていただき、お腹いっぱいになりました(●^o^●)
美味しいお肉をいつもありがとうございます。

180801_7.jpg 180801_8.jpg


★参加者のお声(一部抜粋)★

〇牛と触れ合えてえさやりもできて楽しかった

〇牛の肥料のことや焼き方など、いろいろ知れてよかった

〇お肉がやわらかくて美味しかった

〇大人になっての社会見学で楽しかったです

11/11(土)「減塩生活はじめませんか★かるしお講演会」を開催しました

2017年12月01日

「減塩生活はじめませんか★かるしお講演会」
講師:国立循環器病研究センター臨床栄養学部副栄養管理室長 表 順子さん
参加:39名  高槻市立生涯学習センターにて

「減塩って身体に良いんだよね〜!、でも、減塩食って健康な人にとっては、味気ないし、美味しくないん
じゃない?」
こんな声を払拭するべく、講師に、国立循環器病研究センター臨床栄養学部副栄養管理室長 表 順子さん
をお招きし、かるしお講演会を開催しました。


20171111karusio.jpg

まず、普段の食事で塩分を摂りすぎてないか?に始まり、塩分摂取で血圧が上がるしくみ、心疾患系、心血
管疾患等、食塩摂取が身体に与える悪影響や、高血圧は塩分だけでなく、生活習慣やストレス、遺伝なども
関係していることを知りました。
また、高血圧の合併症で、目・脳・腎臓・心臓にも影響を及ぼすことや、脳卒中や心臓病が、介護が必要と
なった主な原因の上位になっていることなどを丁寧に説明して下さいました。

年々増えている高血圧性疾患は、食生活(野菜を1日350グラム食べよう❗)や、運動(片足で15秒間立てま
すか?ながら運動で筋力トレーニング❗)等、生活習慣を意識し、自分でコントロールする方法を学ぶことで、メタボ・その他の病気予防や、医療費削減にも繋がることを教えていただきました。


普段の食事で直ぐ実践出来る減塩の工夫としては...

☆「八方だし」のとり方

☆「八方だし」を煮物や下茹でに利用して調味料
  使用量を少なくする

☆減塩商品を使用する

☆調味料の使用量を今の半分の量に減らす

☆かけ醤油より、つけ醤油

☆うどん、ラーメンなど、麺類の汁を飲まない

☆だし割り醤油、ポン酢を上手に使う

等々、沢山例をあげて、解りやすく説明していただき、学ぶことの多い講演会でした。
表先生本当にありがとうございました。


<参加者感想>
・最初は味が薄い!って思ったけど、すぐ慣れる!
・出汁の味がしっかりしてるから調味料が少しでも、
 素材の味を感じられて美味しい!
・かるしおスプーンの小ささにビックリ!
・普段いかに調味料を沢山使っているかわかった!


やってみると意外に簡単♪実践することで、自分だけではなく家族の健康にも良いとなれば、やってみる価値あると思いませんか?
ぜひ、かるしお(軽塩)生活にチャレンジしてみて下さい。また、国立循環器病研究センターのHPと当日配布されたレジメを以下に掲載していますので、読んでみてください(^_^)


▽国立循環器病研究センター(かるしおプロジェクト)
http://www.ncvc.go.jp/karushio/


▽当日資料(PDF)
20171111karusiopic.JPG

8/1(火)イサミ吉備高原牧場バスツアーを開催しました

2017年08月30日

8/1(火)、イサミさんの岡山吉備高原牧場・見学ツアーを実施しました。
大人20名、子ども21名の合計41名が参加。
昨年も参加されたリピーターの方もおられましたが、初参加の方もたくさんおられました♪
今回は平日に企画したので、渋滞には巻き込まれず、スムーズに現地まで行くことができました!


現在、この吉備高原牧場では約650頭の牛が飼育されています。
牧場に到着後、バーベキューでお昼ゴハンをいただきました。
お肉はとてもジューシーでやわらかかったです♪


牛のエサを狙ってやってくるカラス対策に、鷹が牧場で飼われています。
檻に入っているだけでも、カラスの数は激減するそうです。


お昼ゴハンの後は、牛舎を見学しました。
初めて近くで見る牛にエサやりができて、子ども達も大興奮の様子でした。
生産者が1頭1頭、愛情を込めて育てられているからこそ、おいしいお肉になることがわかりました。

★参加者感想★
「実際に生産者の方にお会いするというのはとてもいいですね!色んなお話が聞けて、より安心感が増しました」
「牛に対する愛情が感じられイサミさんのお肉が身近に感じられました」
「牛を大切に育てているのが言葉の端々に感じました。この牧場で育てられている牛が幸せだなぁと思いました」

さくらたまごの産地に行ってきました♪

2016年11月22日

10月4日(火)、淡路島にある北坂養鶏場さんへ見学に行きました(^^)
お天気にも恵まれ、組合員さん21名が参加しましたよ♪

20161004tamago3.jpg

北坂養鶏場さんは、「さくらたまご」の生産地です。
さくらたまごは、日本に6%しかいない貴重な純国産鶏から産まれる卵です!
北坂養鶏場さんでは、エサのとうもろこしは遺伝子組み換えでないものを使用されています。

20161004tamago2.jpg 20161004tamago4.jpg

鶏舎から鶏糞処理場まで、色々と施設を案内していただきました。
鶏糞を発酵肥料にし、淡路島内の農作物に還元するといった、資源循環型農業の推進に取り組まれています。

20161004tamago1.jpg 20161004tamago6.jpg

平飼い小屋では、たまごを1つずつ取らせてもらいました(^_^)
貴重な体験をたくさんさせていただき、学びも多い一日となりました♪

(主催:商品活動委員会「エプロン」)


<参加者感想>
☆卵の生産だけでなく、糞の堆肥化に力を入れていて、とてもエコな生産者さんで大変嬉しいです。卵が国産鶏から生まれるのが少ない(6%)とは知らなかったので勉強になりました。

☆養鶏場の管理、すごく愛情をもって運営しておられるのが見られて良かったです。

☆よどがわ生協で約24年近くさくらたまごを注文しています。今回、生産者の方のお話を聞いて、より安全安心な卵であると確信しました。これからもずっと注文しますので、よろしくお願いします。

☆循環型の養鶏をされているのでとても素晴らしいなと感動しました。発酵飼料の工夫(腸内細菌を整えるなど)、鶏の健康にも気を使っておられるのには驚きでした。北坂社長の熱い思い信念を聞き、今後応援したくなりました。

よどがわさん イメージ

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー