よどがわ生協トップ > 活動報告ブログ > 生協全体の活動 > くらし

みんなで取り組んでいます 生協全体の活動

今さら聞けないスマホ術 トラブル防止セミナー

2019年06月07日

日本のスマートフォン普及率は、現在約85%(総務省HPより)。
ほぼ1人1台所有している時代です。

あなたは大丈夫?
便利な反面、ネット通販でのトラブルや詐欺などで消費生活センターへ相談されるケースも増えているそうです。

スマホをとりまくトラブルの実態と対策について学ぶため、
消費生活相談員の方を講師にお招きしました(^_^)

日時:5月22日(水)10:00~12:00 
場所:吹田さんくす 会議室
主催:くらし委員会(ひまわり委員会)  参加:30人

201905225h.jpg

講師は、公益社団法人全国消費生活相談員協会 理事の澤村美賀さんです。
理解を深める為、前段に「スマホ」と「携帯」の違いや用語説明などから、丁寧にお話ししていただきました(^_^)

201905228h.jpg

どんなトラブルが実際に起きているかというと・・・
「ワンクリック詐欺」「フィッシングサイト」「ネット通販でのトラブル」「なりすまし」「無料Wi-Fiトラブル」など、多岐に渡ります。

宅配業者からの偽のショートメッセージ受信で、偽のサイトへ誘導されるケースなども。
本物と見分けがつきにくく、巧妙な手口のものがどんどん出てきています。
(何かおかしい、だまされたと思ったら、まずは携帯会社へ相談を。不正ログインを調べてもらえます)

*通販やオークション・フリマアプリ利用の注意点
・ページ情報が記載されているか(住所、電話番号などがちゃんと記載されているか)
・情報が暗号化されて送信されるか(鍵マークやS文字の確認)
・ネットでの評判はどうか

ネットでの購入には、クーリングオフ制度が適用されません。
表示を最後までしっかり確認することが大切です。

201905229h.jpg

他にも多いトラブルは、子どもさんが関わるケースだそうです。
親が知らない間に「キャリア決済」を使って買い物などをして、高額な請求がくるといったケースです。

携帯会社で契約をする際、『子どもが使用する』ことを伝えて、設定をしてもらうことが重要です。
(キャリア決済は、上限金額の設定を下げることができるそうです。何もしない場合の上限金額は、10万円です。知っていましたか?)

フィルタリング機能の活用、子どもと一緒に使用ルールを決めるなど、今一度ご自身のご家庭はどうか?見直してみてください。

2019052211h.jpg

実際にあった相談事例を交えて、様々な事例・気をつけたいことなどを教えていただきました。
とても盛りだくさんな内容でした(^_^)

トラブルに巻き込まれた時は、専門の相談窓口に相談しましょう。
消費者ホットライン 電話 188(※相談無料 通信料はかかります)


お話を聞いたあと、最後にグループで感想などを伝えあい交流し、終了しました。

<参加者のお声>


・地図機能をよく使うので、位置情報をオフにしておくなど、情報が漏れないやり方を聞けて良かったです。

・キャリア決済の意味が今まで分からなかったけど、やっと分かりました。

・まず自分がやれることとして、キャリア決済の上限金額をおとしてもらうよう帰りにショップに寄ります。

・携帯ショップですごく基本的な言葉のようだが説明されても意味が分からなかったことが、今日の説明で分かりました。

・スマホにしてから大分経つが、いまだに使いこなせていない。分からないことだらけ。

・画面のロックは今まで何も設定していなかったけど、しようと思います。

・格安スマホの回線について分かった。ショップでちゃんと聞いて購入しないといけませんね。


Bブロックモニターのつどい ~できることから不安解消!!~

2019年05月24日

他人ごとじゃない高齢社会。
「私はまだまだ元気。まだまだ先」と思っていても、誰もが高齢者になっていきます。

いろいろな不安・疑問を出し合って交流しましょう!ということで、今回吹田でおこなわれた地域モニターのつどい(5/21)の様子をご紹介します(^_^)

201905212.jpg

よどがわ生協職員も2人、輪の中に入って一緒に話をさせていただきました。

201905211.jpg

墓じまいや仏壇のたたみ方の疑問(いつやるといいの?どこに頼むの?)、市民病院の機械化に対する不安(高齢になってからついていけるか心配)、スマホ社会への不安(キャッシュレスなど、便利な世の中に不便を感じるようになるのでは...)など、様々な困りごと・不安のご意見が出されました。

ご近所でこういった事例があったよ、私はこうよ、と話がふくらみ、活発な交流がおこなわれました。

201905214.jpg

間に、休憩を兼ねて『指体操』をしました(*^_^*)
左右の指を交互に動かすなど、意外と難しい体操にみんな苦戦。

でも、笑顔がこぼれ、ちょっとしたリフレッシュになっていました♪

201905215.jpg

今後は、出された意見から行政へお願いしたいことなどをまとめ、懇談会の申し入れをしていきます。

生協でできることもあれば、できないこともあります。
行政と生協が連携してできることはないか、組合員さんと一緒にできることはないか・・・いろいろ模索していく必要がありそうです。

Cブロックモニターのつどい ~子ども食堂に見学に行きませんか?~

2019年05月24日

大阪市内(東淀川区、淀川区、西淀川区)において、地域モニターのつどいの一環として
『淡路こども食堂』(主催団体:NPO法人 自由空間倶楽部)におじゃましました。

「地域の困りごとは地域で考えよう!」と、地域に根ざした活動をされている代表者の蔭山 力雄さんより、こども食堂立ち上げ経緯~これから考えていることなど、色々なお話をお伺いすることができました(^_^)

image14.jpeg

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

(インタビュー形式でお話をお伺いしました)

yodogawaaikon.jpgなぜNPO法人 自由空間倶楽部をつくったの?

淡路は住みやすいが、文化的なものは何もないと聞き育った。
芸大を卒業したこともあり、淡路初のギャラリーを作った。地域とアーティストを繋げるため2005年NPO法人を設立。


yodogawaaikon.jpgなぜこども食堂をつくったの?

地域・子ども・障がい者・高齢者・アートを接着剤として繋げたい!という想いから。

キャンドルナイトイベント、お祭り、生涯学習講座、町っこ塾など、色々やったが人が来ないことに悩み、
単発での繋がりでなく、ずっと繋がるにはどうすれば良いかと考えた。
また、西淡路小学校と淡路小学校の合併により、子どもが辛い思いをしないか見守りたいと思ったから。
(子ども食堂を始めて2年半が経つ)


yodogawaaikon.jpgその後、子ども達のようすはどう?

最初は言葉づかいが荒れていたが、今は大丈夫。
今気になっているのは、始めた時に5年生だったやんちゃの子達。中学生になり、来なくなった。クラブ?塾?

誰でも、お1人でも来ていただいてOKです!!

《4月:子ども59人、大人37人参加 ボランティア10人程度 お米4升でも足りず》
《5月:子ども40人、大人30人参加 ボランティア10人程度》


yodogawaaikon.jpgボランティアさんはどのように募集している?

NPO法人の理事や、紹介・口コミからお手伝いに来ていただいている。


yodogawaaikon.jpg仕込みなどはどうしているの?

開催1週間前に、よどがわ生協に食材調達に行く(パスタ・米・調味料・お菓子・飲み物等)。
前々日には行きつけのスーパーでまとめて生鮮食品を買い出し。
前日~当日には、奥さんと2人で自宅で作り、運びこむ。(沢山の人の手で作るのは×。管理が大変なので)


yodogawaaikon.jpg活動していて感じる事は?

食べに来る場ではなく、居場所になってきている。
工作、読み聞かせ、トランプなど。みんな遊びたい。

横や縦の繋がりができればいいが、焦っても仕方ない。


yodogawaaikon.jpgなんと呼ばれているの?

「おっちゃん」。嬉しい。
親近感をもち、繋がることが地域の安全に繋がる。


yodogawaaikon.jpg地域の理解や協力が必要ですね。

先月は淡路の交番からお巡りさんを呼び、大人や子どもに防犯講座を開いた。
お巡りさんに外の自転車や子どもの様子を見てもらったが、こういうことをしていることが大事と言ってもらえた。


yodogawaaikon.jpgこれから考えていることは?

近所に、マンションとスーパーが建設中。
1学年1クラスずつ増える予定。幼稚園や保育園、学童の受け皿はしっかりあるのか?
なければ将来学童も検討したい。淡路の子どもを育てたい!

image15.jpeg

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

*参加したモニターの声・感想(一部抜粋)*

「ほっとできる場所、誰にでも大切。ラクになる」

「お母さん同士、近所の方、ボランティアさんの繋がる場所になっていることに驚きました」

「参加者それぞれが自分のことや身の回りのことを合わせて考える良いきっかけとなりました」

「地域のことを考え、常に進化し、未来にも大きなものを考えている蔭山さんのパワーがすごい。子ども食堂は子どもだけでない!地域・高齢者・子ども・障がい者をつなげたい、誰も残さないという太い柱があるので、広がりを見せていると思います」


地域モニター活動、今後は各区で懇談会の申し入れをおこないます。
行政にお願いしたいこと、地域に住む私たちの想いをみんなで届けましょう(^_^)

Aブロックモニターのつどい ~いつまでもその地域で暮らせるように~

2019年05月24日

これまでの「アンケート」や「アンケート報告会」、「モニターのつどい」で地域モニターさんから寄せられた声や学習したことなどをもとに、今回は地域ごと(市・町)のモニターのつどいを開催しています。


地域で起きている問題は、それぞれ違います。
より良いくらしをめざすためには、その地域に住んでいる人々が主体的に考え行動することが必要です。

いつまでもその地域で暮らしていくために、自分たちでできること、生協でできることは何?
また、行政にお願いしたいことは・・・?

ざっくばらんに意見交換しましょう、ということで、茨木で開催されたモニターのつどい(5/13)の様子をご報告します(^_^)

201905134.jpg

<地域や高齢者の現状>
・市の広報を見ているだけでは分からない現状がある(ごみ屋敷・高齢化等)。
・介護保険を使いたい人が増えているが、ケアプランを立てられない、利用できない方多い。
・生協は信頼度が高い。助け合い活動(『ほのぼの』)はまだまだ知られていない。
・家族と同居していても、昼間は孤独・・・おしゃべり相手、一緒にゴハンを食べる相手がほしい。
・本当に"ちょっとしたこと"が求められているが、リスクが伴う為、できることが限られる。結局は家族・親族がやるのがいい。

・・・助け合い活動『ほのぼの』の話題中心でしたが、高齢者を取り巻く様々な問題が飛び交いました。


<今後、地域で実現したらいいな>
■福祉バスを走らせてほしい!
→住宅地を細かく停まるように...坂道が多い、病院が遠いという声も上がっている。
→塾のバスなどは結構細かく走っている。昼間動いていないバスの活用も考えてもらいたい。

■送迎付きの機能訓練体操や美容院
→まず家から「出る」のが一苦労。玄関先まで送り迎えがあれば、出やすくなるかもしれない。
→いつまでもキレイでいたい。美容院には通いたい。キレイになれば外に出たくなる。

■高齢者になっていくための学習
→どんな制度やシステムがあるの?いざとなってからだと理解も難しい・・・
→受け皿だけでなく、学んでおく機会があれば不安も少し拭えるかもしれない。

■ちょっと困った時に言える場所、助け合える関係
→孤独にならないためにコミュニティを大切にする。

・・・この他にも、会話の中からいろんな意見が出てきました。


このあとは、茨木市に懇談会の申し入れをし、地域で暮らす私たちの想いを伝える機会をつくっていきます。
何か1つでも想いが形になるように・・・。


正しい薬の付き合い方(『ほのぼの』交流会)

2019年03月26日

「こまった時はお互いさま」という気持ちを大切に、思いやりと感謝の心で支えられた組合員どうしの助け合い活動をおこなっている、くらしの助け合いの会『ほのぼの』
3月9日(土)、吹田市立勤労者会館にて活動交流会をおこないました(^_^)

『ほのぼの』の活動会員さん・会員以外の組合員さんもあわせて30人が参加し、会場満杯となりました。
今回は薬剤師さんをお招きし、「正しい薬の付き合い方」について主に薬局の役割を中心にお話を聞かせてもらいましたよ(^_^)

201903094.jpg

薬局ではどんなことが行われている?処方箋には何が書かれているの?
また、ジェネリック医薬品やかかりつけ薬剤師制度など、誰もが身近に感じている事柄について
いろんな情報を教えていただきました。

処方箋の有効期限は4日間。知っていましたか?
病院近くの薬局で薬をもらう方が多いと思いますが、自分の家の近くの薬局を利用すると待ち時間を有効活用できるかもしれませんね。
 
薬局は様々な医療機関や医者とのネットワークを持っているので、ぜひどんどん活用してくださいとのことです。
お話を聞き、薬局で何でも聞いていいんだ!と薬局が少し身近に感じられるようになりました(*^_^*)

201903097.jpg

湿布の貼り方のコツも、最後にちょこっと。
とても気さくな薬剤師さんでした。

『ほのぼの』活動の交流時間があまり取れませんでしたが、何人かご興味を持っていただきました。
助け合い活動の輪がもっともっと広がっていくよう、様々な場面でご案内していければと考えています(^-^)


くらしの助け合いの会『ほのぼの』会員募集中!詳しくはこちらをご覧ください★


honobono.gif


モニターのつどい『たくさん話して不安解消!社会福祉協議会ってどんなところ?』

2019年02月26日

吹田市、摂津市にお住まいの地域モニターさんに参加を呼びかけ、
モニターのつどいを開催しました(^_^)

よどがわ生協では、くらしの願いの実現をめざすためには、地域社会の一員として事業や活動を通じて地域に存在する様々な問題の解決に貢献することが大事だと考えています。

この地域モニター、1期目は「地域の防災」、そして今回の2期目は「地域の高齢者のくらしの不安・困りごと」をテーマに、組合員さんと話し合い、共に学び、行政と懇談の場を持ち意見を伝えるまでの取り組みをおこなっています。


開催日時:2月21日(木)10:00~11:50
場所:吹田市勤労者会館 研修室
内  容:『たくさん話して不安解消!社会福祉協議会ってどんなところ?』

190221btudoi11.jpg

前半は吹田市社会福祉協議会の広域型生活支援コーディネーターさんをお招きし、お話をお聞きしました。

社会福祉協議会は役所ではなく、国の認可を受けた住民主体の民間団体(公益法人)です。
地域福祉に特化した取り組みを行う団体であり、自治会や社会福祉施設などいくつもの団体と連携し、様々な活動をおこなっています。

行政が行うサービスや医療・福祉などのサービスを受け、私たちは日々生活しています。
しかし、それだけで暮らしやすい町になるのでしょうか...?

住民どうしの普段のお付き合いなど、いざという時支え合える地域の中のつながりづくりが大切と考え、それを支えるのが社会福祉協議会であり、住民みんなとともにある団体だと語られました。

190221btudoi22.jpg

グループ交流には、お話しいただいたコーディネーターさんやよどがわ生協の職員(組合員のくらしサポート担当)も交え、身近な地域でおこなわれている取り組み(自治会の活動、老人会での助け合いなど)について共有したり、男性にもどう参画してもらうか...など様々な話が飛び交いました。

190221btudoi33.jpg

どんなことがもっとできたら、より良い暮らしにつながるのでしょうか・・・

行政や社会福祉協議会などに頼るだけでなく、一人ひとりが力を発揮しみんなでより良いくらしを作っていくことがとても大切です。

そういった認識が少しでも広がり、他人ごとじゃない高齢化社会をみんなで作り上げていけたら良いですね。



<参加者の感想>

「社会福祉協議会の役割がよく分かりました。何かやってくれるところだと思っていたので認識が変わりました」

「社協の幅広い活動がよく分かりました。地域のことで詳しく知らないことが多いです。今後も知ることができれば何かに参加できることもあると思いますので続けてほしいです」

「独居の方で外に出てこられる方はお元気のようです。内にいらっしゃる方をひっぱる方法を考えたいです」

モニターのつどい『他人ごとじゃない高齢社会』

2019年02月26日

豊中市・箕面市・池田市・豊能町・能勢町にお住まいの地域モニターさんに参加を呼びかけ、
モニターのつどいを開催しました(^_^)

よどがわ生協では、くらしの願いの実現をめざすためには、地域社会の一員として事業や活動を通じて地域に存在する様々な問題の解決に貢献することが大事だと考えています。

この地域モニター、1期目は「地域の防災」、そして今回の2期目は「地域の高齢者のくらしの不安・困りごと」をテーマに、組合員さんと話し合い、共に学び、行政と懇談の場を持ち意見を伝えるまでの取り組みをおこなっています。


開催日時:2月19日(火)10:00~11:50
場所:みのお市民活動センター 会議室
内  容:『他人ごとじゃない高齢社会 ~老後の不安について、みんなで知恵を出し合いませんか?~』

190219dtudoi1.jpg

まずはじめに、池田市でコープ委員会を立ち上げ委員長として活動中の松田さんより、お住まいの地域で取り組まれている「NPO法人こもれび相談室」の内容や取り組みについてお話しいただきました。

高齢化に伴い高齢者の社会的孤立が問題視される中、孤立感を減らして「支え」「支えられる」コミュニティづくりをめざして健康セミナー・体操・まちカフェなどを定期的に開催されているそうです。
メンバーには看護師など専門知識をもつ方がおられ、松田さん自身も行政書士の資格を取得されています。

いつまでも元気に安心して自分らしく暮らせるために...元気なうちに考え、対策をおこなっておくことが大切です。行政や各種団体などとのネットワークづくりをすすめ、市民に寄り添う暮らしのトータルコーディネーターとして多用な相談内容に対応し、問題の早期発見や深刻化の防止につなげたいとの想いを語られました。

190219dtudoi2.jpg

後半はたっぷり時間を設け、各グループで交流をおこないました。

日頃感じている暮らしの悩み、親の病気や介護の問題・関わり方、ご近所づきあい、エンディングノートについてなど・・・
様々な話題が飛び交いました。

「自分が死んだ後のこと、終活のことなど、友人とは話したりするけど身内とは話す機会がないよね・・・」
「でも、大事なことだから家族とも話しておかないとね」

という声も聞こえてきました。

190219dtudoi3.jpg

色々と出された問題を、いったいどうしたら解決できるのか・・・自分たちでできることは何なのかといった
より深い話をするにはタイムオーバーでしたが、それぞれが悩みを吐き出したり、情報交換をする有意義な場となりました。

190219dtudoi4.jpg

<参加者の感想>
「今困っていること、これから困るかもしれないことについて考えられる場があることが大事だと思います。家族よりも近くのお友達同士でのつながりが理想的だと思いました。つながりだけでなく、健康であることの大切さも感じました」

「経験豊富な方々とお話ができとても実感がこもっていたので勉強になりました。勉強しておいた方がいいことばかりで、ついていけてないことがよく分かりこれからしっかり情報収集をしたいと思います」

「地域的なことが解決できない現状があり、もっと大阪府にも訴えかけられないか、大きな話にはなるが話だけで終わらせてはいけないと感じました」

「仲間のいない1人暮らしの悩み...生活でいらないもの整理の悩み...悩みをもっている1人暮らしは多いです」

「他地域の方の状況や思い、ご経験を伺える貴重な機会で参考になりました」

3月10日(土)くらし委員会主催で「憲法カフェ」を開催しました

2018年04月17日

3月10日(土)、阪急富田駅近くにある喫茶店「カフェコモンズ」にて、くらし委員会(通称:ひまわり)主催「憲法カフェ」を開催しました。
※「憲法カフェ」とは、レストランやカフェなどで憲法や平和について学び合う、敷居の低い学習会です。

当日は、組合員17名が参加し、「明日の自由を守る若手弁護士の会(通称:あすわか)」より2名の若い弁護士さんにお越し頂きました。
「そもそも憲法って何?」から始まり、子どもにも分かりやすいような紙芝居を使ってお話していただきました。

今話題になっている改憲の中身についても丁寧に教えて頂き、理解を深めることが出来ました。
弁護士さんに積極的に質問している組合員の姿が見られ、賑やかな学習会になりました。

<参加者感想>
・とても分かりやすい説明と改憲に対しての想い、熱意に心打たれました。
・きちんと学習し、自分で考える事の大切さを改めて感じました。
・「自分の幸せはそれぞれで、個人の幸せは守れる。『幸せ』は誰に決められるものでもない。」という弁護士さんの言葉が印象に残りました。
・一方的に話を聴くだけでなく、きちんと交流もできたのでとても貴重な体験となりました。

3月14日(水)スマイル委員会主催で「幸せをつかむ生き方」講演会を行いました

2018年03月28日

3月14日(水)スマイル委員会主催で、「幸せをつかむ生き方」講演会を行い、64名と多くの組合員さんが参加しました。
講師には「正しいパンツのたたみ方~新しい家庭科勉強法」の著者、南野 忠晴氏(元大阪府立高校 家庭科教員 / カフェ経営)をお迎えし、家庭科を学ぶ意味について熱く語っていただきました。
その様子と組合員の感想を簡単にご紹介します!

講師の南野先生は、家庭科を衣食住の方法を学ぶだけではなく、家庭科は『生き方』を学ぶということではないかと語られていました。

多くの組合員さんにご参加いただき、活気にあふれた中、開催することができました♪

講演会ではワークショップを行い、「自分自身を見つめること」「他者の価値観に触れること」について参加者同士が交流を行い、とても貴重な時間となりました!

参加者からは、たくさんのご意見や質問が出され「発表された少数の方々の考えだけでも色々あり、共感できる意見も多かったです!」というようなお声が多数あがりました★


<参加者感想>
・「生き方」について考え直すきっかけになりました。自分の子どもにも多様な生き方や考えがあることを伝えていけたらと思いました。
・とても勉強になりました。自分が納得しているかどうか、やっぱり大事なことはそこなんだなぁと思いました。
・家庭科、私も学生の頃学んでいましたが、南野先生に学んでいたら、私の人生変わっていたのかもしれないなぁと思いました。

地域「防災」モニター活動報告

2018年03月13日

地域別行政懇談会開催(12行政区)9月~2018年1月
秋からはじまった行政懇談会は、この1年取り組んできたつどいや学習会で出された意見や要望をお伝えするとともに、行政といっしょに防災について考え、協力連携できることについても交流、情報の共有等を図ることが出来ました。
行政からは防災啓発情報発信、物資協力、女性防災リーダー育成などについて期待の声をいただきました。

2017年度 行政との懇談会開催状況

A



行政区名 懇談会
実施日
モニター・
参加人数
懇談の主な内容 特徴的な取組み・
課題など
島本町 11月29日(水) 3 雨水・用水路マンボ対策・防災無線・自主防災会・水無瀬川堤防 下水対策予算化強化実施
高槻市 11月27日(月) 2 ハザードマップ周知・避難訓練・防災無線・土砂災害・避難所開設 小学校5年生への防災副読本作成
B



行政区名 懇談会
実施日
モニター・
参加人数
懇談の主な内容 特徴的な取組み・
課題など
吹田市 12月19日(火) 3 事業者との連携・津波避難ビルの増加・避難公園の防災設備 防災ハンドブックは全戸配布実施。英語・韓国語・中国語バージョンも作成している。
摂津市 11月14日(火) 2 マンホールトイレ、かまどベンチ設置・防災無線・ハザードマップ活用 女性をターゲットにタウンページと共同で防災マップ作成周知。自治会で防災地図作成
C



行政区名 懇談会
実施日
モニター・
参加人数
懇談の主な内容 特徴的な取組み・
課題など
東淀川区 11月6日(月) 4 防災意識向上・災害トイレ対策・避難所対策・他行政連携 自治会に加入していない若い年代への防災意識が課題
淀川区 11月29日(水) 3 防災意識向上・津波避難ビル増加・公園避難設備寿実・無人抽水稼働 避難経路や避難場所の確認は自助・共助を基本に行政でもより広く防災の啓発に取り組んでいる。
西淀川区 11月17日(金) 4 防災意識向上・発災時行動指針・防災マップ配布・液状化対策 老老世帯が増加、自助だけでは難しい液状化対策課題
D



行政区名 懇談会
実施日
モニター・
参加人数
懇談の主な内容 特徴的な取組み・
課題など
豊中市 9月19日(火) 2 ハザードマップ周知・避難弱者対応・防災無線・災害時トイレ処理 ハザードマップは好評だが全戸配布されていないので周知不足
池田市 11月9日(木) 0 災害時トイレ・要支援者名簿整備・災害訓練について 災害訓練は地域主催で年20回実施。訓練内容も拡大している。近所つきあいの希薄化。
箕面市 9月20日(水) 1 要支援者避難支援・避難救助機材管理・災害ボランティア登録・災害時トイレ 自治会加入支援で共助強める。黄色いハンカチ作戦
豊能町 2018年
1月9日(火)
3
*モニター以外含む
要支援者名簿・避難所対策・「陸の孤島化」対策・公共施設老朽化 ・防災無線の整備検討(今年度中)
・武庫川女子大学と提携(引きこもりの高齢者対策)
能勢町 11月15日(水) 0 災害弱者対策・防災訓練・避難所・災害用トイレ 昔からの集落は繋がりができている。ニュータウンの地域つながり形成が課題

【要望書提出】

茨木市 2018年2月13日(火) 要望書を提出(ハザードマップ活用・防災まちづくり・訓練啓発活動について)


行政懇談会

地域別まとめのつどい開催 12月~2018年1月
ブロックごとに、各行政懇談会の内容報告と、これまでの防災の取組みについてのまとめを行いました。
参加者からは、この間の継続した取り組みの中で「地域の防災訓練に積極的に参加できた」「自治会で防災の事を発言して話し合った」など自分自身の意識の変化と、学んだことを家族や他の人にも発信しするなどの行動の変化について語られ、引き続き防災について関心をもって学んでゆきたいと感想が多く寄せられました。

2016年から取り組んだ地域の防災をテーマにしたモニター活動は、各行政との懇談会開催や要望を伝えるとともに、各モニターが自分の家族や友人、地域の自治会など、身近な関わりの中へも学んだことや交流した内容を広げる活動につながりました。
防災をテーマにした活動は一旦終了します。

次回地域問題テーマ決定!

次回の地域問題のテーマは、「地域の高齢者のくらし不安・困りごと」
超高齢社会がせまっています。誰もが住み慣れた町で安心して暮らせる地域を願っています。
今地域でおこっている高齢者の困りごとを切り口に、地域を見直し自分たちが望む地域づくりには今なにが問題なのか、その解決にむけてできることはあるのか、どうすればいいのか、みんなで考えてみませんか?

■今後の取組みスケジュール■
3月~「地域の高齢者のくらし不安・困りごと」 アンケート配布予定です。

ご協力よろしくお願いいたします!

よどがわさん イメージ

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー