よどがわ生協トップ > 活動報告ブログ > 生協全体の活動 > その他

みんなで取り組んでいます 生協全体の活動

ホムトンバナナの産地 タイへ行ってきました!

2019年08月14日

woman8.JPGみなさん、産直タイバナナ「ホムトンバナナ」はご存じですか?

ホムトンバナナは「グロス・ミシェル種」という品種で、市場に多く出回っている「キャベンディッシュ種」に比べ、香りとさっぱりした甘みが特徴です。
日本で流通しているバナナ全体の0.2%にも満たない貴重なバナナです。

また、バナナは『草』ってみなさんご存じでしたか?
バナナは熱帯で育つ「木」ではなく「草」です。高さ3メートル以上にもなりますが、幹は葉が巻いているだけなので、風で倒れやすいです。
種がないので、根元からタケノコのように出てくる子株で増やします。
1本の苗から1度しか収穫できません。収穫すると、親株は切り倒してしまいます。


大阪よどがわ市民生協は『農薬を使わず作った安全なバナナが食べたい!』という組合員の要望を受け、農薬を一切使わないバナナ栽培の産地開発をタイ王国で46名の生産者と共に始めました。
1994年に出荷開始し、産直バナナとして今年(2019年)で26年目を迎えます

毎年、タイの生産者に日本に来てもらい、交流を続け、顔の見える関係を築いています。

今回のタイ訪問では、開発当初から一緒に頑張ってきた【トゥンカーワット農園経営農民会】を訪れました。
(7/7~7/10)

1907tai1.jpg 1907tai2.jpg

まずは収穫されたバナナがどのように流通しているのかを教えてもらいました。

1907tai3.png

ほとんどが手作業で行われています。
農薬を使わない為、真水でスポンジを使って汚れを取ります。
どの作業も、人の手で傷つけないようひとつひとつ丁寧に作業されており、みなさん明るく楽しそうにお仕事されていた様子が印象的でした。

≪農村会の方々と交流≫
1907tai4.jpg

サムルワン組合長やゴーソン副組合長、理事の方々と交流しました。

1907tai5.jpg

現在の産地の状況ですが、今年1月にタイ南部に上陸した台風の影響で、バナナの木が倒れたり突風で葉っぱが切れて光合成ができず、生育に遅れが生じています。
その後、5月まで乾季雨が降らず干ばつ状態が続き、出荷にも影響が出ています。
年末に週700ケース出荷できたところ、現在は250ケースの出荷まで減少。そのため、よどがわ生協の組合員さんにも量目を減らしてのお届けとなっています。
(→詳しくはこちらもご覧ください)

雨が降り始め、これから少しずつ生産量が上がる見込みです。
1日も早く組合員さんの元に通常量をお届けできるよう、頑張ります!


サムルワン組合長より
毎年の交流を楽しみにしています。よどがわ生協には感謝しています。バナナが少なくて申し訳ありません。それにも関わらず、小さいバナナも買ってくれて感謝しています。

ゴーソン副組合長より
よどがわ生協との関係は"家族"だと思っています。家族にバナナを送る感じです。26年間交流があり、よどがわ生協の理事長が代わっても、関係は続くと信じています。


≪バーンタップマイ学校視察≫
次世代農家育成プロジェクトの支援学校として、現在約20人の生徒がバナナを育てています。
中学1年生の時から育て始め、今年で3年目となります。
生徒は1人3本ずつを担当し、草刈や水やりは生徒自身でおこないます。

1907tai6.jpg

今年の干ばつの影響でバナナが育たず、難しさを感じている様子でしたが...「将来バナナを育てたいと思いますか?」と尋ねると、みんな元気に手を挙げてくれました。

1907tai7.jpg

将来、この子ども達が育てたバナナが私たちの元に届くかもしれませんね。

1907tai8.jpg


≪圃場見学≫
一昨年、昨年よどがわ生協にご訪問いただいた生産者さん達の圃場を見学させてもらいました。
今年は災害もあり生産は本当に大変ですが、日本を訪問し組合員さんと接することで、少しでもバナナを届けようと努力されている様子でした。

1907tai9.jpg

ソムキットさんは、畑を4割程減らし、ご自身で貯水池を作るなど工夫されています。

1907tai10.jpg

レックさんご夫婦は、井戸を作りスプリンクラーで散水されています。奥さまは昨年日本を訪問され、自分でもバナナを育てたいと思うようになり、今は自分の圃場を作って栽培されています。

  

・・今回のタイ訪問の感想・・・
今回の訪問にあたり、私たちがタイに来るのをとても楽しみに待ってくださっていました。
タイでは、ドリアン・ゴム・パームヤシの栽培が主流で、バナナを育てている方でも主な収入は他の植物です。バナナは他の植物と違い「風」の影響を受けやすく、また、生協に出荷するバナナは無農薬で育てる為、草刈を毎日こまめにしなければなりません。それでも、生産者の方々は日本の組合員さんのためにバナナを育てたいと言っておられました。
この交友関係を今後も築いていきたいと思います。


bananawoman.JPG
これからも、よどがわ生協の登録バナナ「ホムトンバナナ」をよろしくお願いします!


親子田植えバスツアーを開催しました

2018年05月16日

5月12日(土)に親子田植えバスツアーを行いました(^o^♪)
滋賀県近江八幡市JAグリーン近江八幡西支店さんご協力の元、19人の組合員さんとそのご家族に参加して頂きました!

天候は快晴!半袖でも暑いくらいの田植え日和でした!
地域の田んぼの事や、植え方を教わり、いざ田植え開始......

小さいお子さんもお父さん・お母さんと一緒によいしょ......よいしょ......
泥に足を取られたり、植える深さや間隔に悩みながらも、頑張りました。
また、一緒に田植え機にも乗せてもらいました。早い!

田植えの後は、昼食&学習会。
炊き立てのご飯「秋の詩」と地元食材たっぷりのお弁当とお味噌汁を頂きました(*^_^*)
学習会ではお米がどうやって出来ているのか、お米のこだわり等を直接教えていただくことが出来ました。

「貴重な経験が出来た」「産者の方々の想いや、苦労がよく分かった」「どろんこになったけど、楽しかった」など、たくさんのお声を頂きました!
9月には稲刈り体験のバスツアーも予定しておりますので、ぜひご参加ください♪

コープdeスマイルフェスタを開催しました!

2015年08月26日

8月22日(土)、立命館大学いばらきキャンパス内にある立命館フューチャープラザ内ホールにて、「コープdeスマイルフェスタ」を開催しました。
 今年は地域のみなさんにもよどがわ生協を知ってもらおう!ということで地域一般の方にも参加を呼びかけ、組合員さん・そのお友達と合わせて1800名を超える参加申し込みをいただきました。

2015fesuta1.jpg 2015fesuta2.jpg
当日は約500名の方が来場されました。

IMG_0172.JPG
ゆるキャラ、コープ共済のコーすけとラブコープのラブコも登場!

2015fesuta4.JPG

2015fesuta5.JPG
コープ委員会の活動紹介

2015fesuta6.JPG
平和募金の呼びかけや震災支援グッズ販売

2015fesuta7.JPG
商品紹介の様子

2015fesuta8.JPG
商品紹介の様子

2015fseuta9.JPG
夕食サポートの相談・試食

2015fesuta12.JPG
大阪市立科学館によるサイエンスショー 「光のヒ・ミ・ツ」 

2015festa13.JPG
大阪市立科学館によるサイエンスショー「世界一かんたんブーメラン」
参加されたお子さんも実験に協力してもらいました♪


参加者感想(一部抜粋)
・いつもカタログで見ていても購入したことのない商品の試食や料理方法を教えてもらい、勉強になりました。
・出展者の方が皆さん笑顔で親切でした。
・夕食弁当の試食ができ、意外とボリュームがあることを知ることができた。
・大人も子どもも一緒に楽しめました。
・クラフト体験がうまくできてうれしかった。
・一緒に来た友達も満足だったみたいで良かったです。

コープdeスマイル・フェスタ 開催されました!!

2012年08月27日

今年で4回目となる「コープdeスマイル・フェスタ」が8月21日(火)に
摂津市立コミュニティセンターにて開催されました。

夏休み中ということもあって、昨年を大幅に上回る約280名の組合員さんやそのご家

族が参加されました。

nyoronyoronyoro.JPG

ペットボトルを使った工作コーナーやスライム作りは子ども達に大人気で、その他にも

紙コップで簡単お豆腐作りのコーナーや絵本の読み聞かせ、落語会、紙芝居、マジック

ショー、各団体やグループ・メーカーさんによる展示や取り組みの紹介、食品メーカー

さんによる試食の提供など、本当に盛りだくさんの内容で大人も子どもも1日

楽しめるイベントとなりました♪

nyoronyoro1.JPG

nyoronyoro4.jpg

参加された組合員さんからは、「注文したことのない商品の試食ができてとても参考に

なった!買いたい商品が見つかりました♪」「子どもがすごく喜んで、また行きたい~と

言っています!」「よどがわ生協がこんなに様々な活動をしているなんて知らなかっ

た!」など、嬉しいお声をたくさんいただきました。

nyoronyoro5.JPG

2012年度 サークル活動がはじまりました!

2012年05月10日

2012年度 サークル活動がはじまりました! 皆様もサークル活動してみませんか?

サークル名
登録人数
活動内容
せせらぎ
7
声の「機関紙よどがわ」作成。音読の学習。交流会。
M4
3
ドレッシングなど、たくさん種類のあるものを食べ比べ。
料理サークル
13
旬の食材を生かした目新しい料理講習会。
自然塾
13
植物観察、草木染め、クラフトなど。
つどい
10
吹田市消費者団体協議会に参加。消費生活展でパネル発表。
まちかどGO!
4
地域の移動図書館の日程に合わせて、子ども対象の紙芝居、工作遊びなど。
アドバンテージ
5
テニスの試合に出る。
くまのプーさん
3
試食会を中心に生協商品の情報交換。レシピの教え合い。
いやし隊
3
生協商品を利用して、アレンジメニューを作る。自宅で手作り教室。
料理を楽しむ会
3
生協商品の食べ比べ。料理研究。

circleksunkus120612.jpg

おおさかパルコープ商品検査室を見学しました(1月19日)

2012年02月09日

gakushuukai.JPG
理事・行政区委員・職員の21名が参加し、

昨年3月の福島原発事故を契機に、

放射能と食の問題について関心が高まっている中、

放射能についての学習と放射能検査機器(ゲルマニウム半導体検出器)をはじめ

商品検査室施設の見学を行いました。
houshanoukikai.JPG
hakase.JPG

<参加者の感想>

・今、不安に感じている放射能汚染食品について、

スポットがあてられた企画だったので、大変興味深く勉強になりました。

機械と人の手によって、安心・安全な食品を提供するための検査をしている、

実際の場所や機械を見せて頂けたのが大変良かったです。

やっぱり生協の食品は安心!!ですね。

・生協の商品は安心・安全といわれていますが、

実際検査の機械や時間のかかる作業を見聞して安心しました。

卵の鮮度も保存温度によってあんなに違いがあるなんて知りませんでした。

・検査室の中で、実際使っている機械を見ながら詳しく説明してくださったので分かりやすかった。

見学の前に学習会をしてくださったのもよかったです。

コープdeスマイル・フェスタ(12月8日)

2011年12月31日

 
摂津市立コミュニティプラザにて170名の参加で開催しました。

会場ではよどがわ生協の組合員活動の紹介やメーカー・取引先による試食などを行い、楽しく交流しました。
sishokusishokusishokugfse.jpg

tennjibutumirukoture.jpg

参加者の声
・初めて参加しましたが、たくさんの活動内容に驚きました。
内容の濃い時間を過ごすことが出来ました。次回も参加したいです。

・試食もめっちゃおいしかった。パネル発表もはじめて知ることが多く、
いろいろ活動されていてびっくりしました。

・幼児を連れての初参加でしたが、
ブース毎で母である私がお話を聞かせてもらうのが必死で、
その間に子供を楽しく遊んでくださってとても助かりました。

・直接メーカーさんの説明のもと試食できたり、
初めて会う方でも生協のつながりで楽しく会話できよかったです。
また、参加したいです。
ka-dotukuriofiho.JPG

uoturidaze.JPG

イサミバスツアー(7月26日)

2011年09月23日

■ 組織部主催 イサミ吉備高原ファーム見学 

gyuushamae.JPG

組合員さんに生産者や商品について、より知っていただければと、

岡山県吉備中央町にあるイサミ吉備高原ファームバスツアーを行いました。

天候にもめぐまれ、39人の参加があり、パラパラミンチでおなじみのイサミさんの牧場に訪れました。

現地では牛飼いさんから育てるうえでのこだわりと、

よどがわ生協と約束した安全・安心のための取り組み・育て方についてお話しがありました。

またお子さんたちは、かわいい牛たちに手で牧草を与えるなど、

生産者・牛たちと組合員とのふれあいにより、笑顔いっぱいのツアーとなりました。
esayari.JPG

自分たちが食べる物の成り立ちが親子で知ることができ、

参加してよかったとの声が多数寄せられました。
hanasiwokiku.JPG
牧場長のお話を聞く参加者

fuufu.JPG
お肉もおいしかったです♪

新規組合員交流会(7月25日)

2011年09月23日

阪急摂津市駅からほど近い、摂津コミュニティプラザにて行いました。

新規組合員さんということで、単独でお申し込みをされた方ばかりでした。

こういったイベントにひとりでご参加するのには、勇気がいるのかもしれません。

そんな中来ていただいた14名の方に、ぜひ楽しく生協を利用していただこうと

【カタログの上手な見方】や【こんな生協の利用もあるよ】、

【カタログクイズ】など、お得な生協情報をお伝えしました。

テーブルごとで好きな商品やおすすめ商品について、意見を出したり、

配送のことについてなど、盛り上がりました。

また、み~るクラブで作った作品などの展示も行い、み~る登録もしていただきました。
zenta.JPG  egaomofuete.JPG
                        後半は緊張もほぐれて笑顔も

JAグリーン近江・田植えツアー(5月14日)

2011年06月28日

■自然を満喫しながらお米のすばらしさを学びました! 

毎年恒例で行われている稲作企画を今年も滋賀県蒲生郡日野町へバスツアーを開催しました。

「環境こたぶわり米」「滋賀コシヒカリ」の産地へ

ご家族連れの組合員さんたちの参加でとてもにぎやかに楽しいツアーとなりました。

田んぼには、アメンボやアマガエルにオタマジャクシ、

ところによってはカエルの卵がどっさりあって、自然を満喫しながらの田植えとなり、お子さんたちは大喜びでした。

田植えの指導を受けながら、気持ちをこめて1苗づつ植えていくのですが、

思った以上に深い田んぼのぬかるみに四苦八苦。

g.jpg g5.JPG


「ひゃ~」「あわわわ…」と大人もお子さんも足を抜いては、

植えた苗を踏まないように前に移動していきます。

気がつけば顔や身体のあっちこっちに土が跳ね返っていました。

田植えの後に、田植え機にお子さんものせてもらったり、

側道の溝に流れる冷たい水で足を洗い、

地元の方が用意してくれたおにぎりや豚汁をいただきました。

g3.jpg g4.jpg


日野町は日野菜の産地でもあり、めずらしいてんぷらやお漬物をおいしくいただきました。

またもちつきも行っていただき、子ども達もうれしそうに参加しました。

日野町のみなさんの心温かいおもてなしに終始感謝・感激し、

秋に実るお米を楽しみにしながら家路に向かいました。

g2.jpg

よどがわさん イメージ

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー