よどがわ生協トップ > 活動報告ブログ > 生協全体の活動

みんなで取り組んでいます 生協全体の活動

ヒバクシャ国際署名 取組み報告

2017年10月31日

よどがわ市民生協では、核兵器のない平和な世界をめざし、「ヒバクシャ国際署名」に取り組みました。
昨年度に組合員5,000名を対象に行ったアンケート『2016年度社会的諸問題意識調査』では、84%の組合員が「核兵器は廃絶すべき」と回答され、その声に応えるためにも署名を呼びかけました。

10月6日時点で、署名枚数3,112枚・署名筆数8,759筆が集まりました。
集めた署名は、国連へ届けます。

syomeipic.jpg
※写真は集まった署名です(高さ約30㎝)

<取り組み期間中、組合員さんからいただいたお声>
「お盆で娘が帰ってくるので、娘にも署名をしてもらいたい。お盆明け提出でもいいですか?」
「近所の人にも署名してほしい。よどがわ生協の組合員以外の人にも署名してもらっていいですか?」
「核兵器は本当に怖い。廃絶されることを願います」

*今後も引き続き平和に向けての取り組みをおこなっていきますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

ヒロシマ・ピースツアー 開催報告

2017年10月06日

8月5日(土)~6日(日)ヒロシマ・ピースツアーを開催し、17名(組合員13名、事務局4名)が参加しました。

<8月5日(土)>1日目
初日は、日本生協連主催ピースアクション「アニメと被爆証言」企画に参加し、矢野美耶古さんから被爆の証言をお聞きしました。
被爆した当時(14歳)に受けていた差別や、戦争が当たり前で「なぜ戦争をしているのか?」という疑問さえ抱いていなかった当時の状況を知りました。
今年7月7日に核兵器禁止条約が採択された事に対し、「本当に長かった」と喜びを語られていました。

hjrosima1.jpg

お昼からは、日本生協連主催の「虹のひろば」に参加しました。オープニングは広島市立東原中学校演奏部の演奏から始まり、
広島市立沼田高校演劇部による演劇『風の電車』がありました。その後は、各団体の平和に関する展示物を見て周りました。
特に、広島市立基町高校が制作した「原爆の絵」展示ブースには多くの参加者が集まっていました。被爆者の方から聴き取り、何度も描きなおして出来上がったその絵には、高校生や被爆者の方の「次世代につなげなければ」という思いが詰まっていました。

hirosima2.jpg

虹のひろば終了後、広島平和記念資料館へ向かいました。資料館には、爆心地から半径2.5キロメートルの市街地を、被爆前と被爆後の航空写真を基にCGで再現した映像や遺留品の数々が展示されていました。遺留品を静かにじっと見ている方や子どもに説明している参加者の姿が見られました。焼け焦げた三輪車、溶けたガラス瓶、原爆投下直後の写真など、核兵器の脅威を学びました。


<8月6日>2日目
8:00から平和祈念式典に参加しました。平和記念公園には海外からも多くの方が集まられており、会場では原爆が投下された8:15から1分間黙祷を行い、平和への祈りを捧げました。

式典終了後、日本生協連の碑めぐり(フィールドワーク)に参加しました。慰霊碑や像を見て回り、説明を聞いている中で参加者の方からの熱心な質問もありました。広島県生協連の方の「被爆者の方々の辛い経験を伝えていく事が使命だと思っている」という想いに、胸打たれました。

hirosima3.jpg

午後からは、爆心地から約3.7㎞離れた「江波山気象館」を見学しました。当時の気象図や黒い雨の降雨時間などを記した当時の資料を見たり、サイエンスショーなど親子で楽しめるアトラクションを体験しました。

                         
<参加者感想 ※一部抜粋>
「各所で行われた戦争と原爆の証言や展示、パフォーマンスに触れて、その恐ろしさと惨さ、虚しさに胸打たれました。戦後72年もたって薄れていく戦争の惨禍を忘れない、繰り返さないために、家族、友人、出会う人々に伝えることが私の使命でもあることを感じました」
「今回のヒロシマ・ピースツアーを通じ、本当にたくさんの事を学びました。感じた事・聞いたこと・見た事、それを伝えていこうと感じました」

hirosima4.jpg

8/1(火)イサミ吉備高原牧場バスツアーを開催しました

2017年08月30日

8/1(火)、イサミさんの岡山吉備高原牧場・見学ツアーを実施しました。
大人20名、子ども21名の合計41名が参加。
昨年も参加されたリピーターの方もおられましたが、初参加の方もたくさんおられました♪
今回は平日に企画したので、渋滞には巻き込まれず、スムーズに現地まで行くことができました!


現在、この吉備高原牧場では約650頭の牛が飼育されています。
牧場に到着後、バーベキューでお昼ゴハンをいただきました。
お肉はとてもジューシーでやわらかかったです♪


牛のエサを狙ってやってくるカラス対策に、鷹が牧場で飼われています。
檻に入っているだけでも、カラスの数は激減するそうです。


お昼ゴハンの後は、牛舎を見学しました。
初めて近くで見る牛にエサやりができて、子ども達も大興奮の様子でした。
生産者が1頭1頭、愛情を込めて育てられているからこそ、おいしいお肉になることがわかりました。

★参加者感想★
「実際に生産者の方にお会いするというのはとてもいいですね!色んなお話が聞けて、より安心感が増しました」
「牛に対する愛情が感じられイサミさんのお肉が身近に感じられました」
「牛を大切に育てているのが言葉の端々に感じました。この牧場で育てられている牛が幸せだなぁと思いました」

防災モニターのつどい活動報告

2017年08月21日

7月 現在防災モニターは78名の方が登録して、防災施設見学や地域別でのモニターのつどいに参加して、身近な防災について、たのしく学習し交流活動を行っています。
秋には、各行政と地域防災の取り組みについての懇談会を予定しています。

【6/15(金)地域防災モニターオプション企画① 「阿倍野防災センター見学」22名参加】
迫力ある映像や倒壊した町の再現、阪神・淡路大震災の揺れや震度7を体感することで、災害に備え、消火や避難のポイントを体験しながら学びました。

●参加者の声●
消火器の使い方や119番への連絡方法など実践的なものをたくさん学べました。
また地震のシミュレーション体験はとても怖く、防災への意識が高まりました。



【6/30(金)地域防災モニターオプション企画② 「津波高潮ステーション見学」22名参加】
大阪府域の特徴を知り、高潮・津波災害について、これまで起こった災害の歴史を振り返りながら、
いざという時の対策をみんなで学ぶことができました。

●参加者の声●
津波と高潮の違いが分かりました。津波災害に対する知識・備えは外出先で被災する可能性を考えると、しっかり学び、家族にも伝えねば、と感じました。



地域別 防災モニターのつどい開催


★大阪市内(東淀川・淀川・西淀川区)
―水害と防災を考える―
住んでいる街や河を知り、身近な防災・減災を考えてみませんか♪
開催日時:7月3日(月)淀川区民センター

♪川とともに生きてきた地域を歩いて見つめている水害に強いまちづくりを考える会・稲垣泰平さんを囲んでお話を伺いました。

・地域に根差した話がわかりやすくよかった。具体的な地名が出てくるのでイメージしやすく、自分の事として考えられたと思う。
・家が川より下なのでいろいろわかってよかった。もっと地域の事を聞きたい。



★摂津市・吹田市★
―防災出前講座と交流会―
自分たちでできる防災活動ってどんなもの?
開催日時:7月4日(火)岸部市民センター

♪行政の防災専門家から、地震のあとの火災対策や自主防災のあり方など、普段の防災について学び、交流しました。

・防災の話は何度でも聞いて危機感を持ち続けることが大切。今回も再認識させていただきました。
 ・声をかけてもらってよかった。
 ・実際に火災や救助が必要な方に対応された時の様子を聞けて、その時どうしたらいいか、具体的にイメージしやすく良かった。ブレーカーをおとすなど紙に書いて貼っておきたいと思いました。



★島本町・高槻市・茨木市★
―防災出前講座と交流会―とっさの判断できますか?
開催日時:7月12日(水)茨木福祉文化会館

♪茨木市役所危機管理課の担当者を講師に、防災ゲームでいざという時の災害対応をみんなで考えました。

・クロスロードゲームの想定、災害時は何が起きるかわからないので日頃からの備えが大切を再確認しました。
・「事前に備えあり」ということが大切と分かりました。クロスロードは考えさせる、考えることが災害に会った時にどう行動すればいいかを学べたと思います。
・知らない事や初めて耳にした事とか楽しく参加出来良かったです



★豊中市・池田市・箕面市・豊能町・能勢町★
防災ワークショップ その時あなたはどうする!?
~ 非常用トイレを体験してみよう~
開催日時:7月13日(木)とよなか男女参画推進センター すてっぷ

♪災害時思いもよらない状況に置かれます。東日本大震災の体験談をもとに作成された防災教育教材を使って、いざという時に"あなたはどうする!?"をみんなで話し交流し、非常用トイレも組み立ててみました。

・排泄の点に目を向けて企画して頂いて良かった。
・簡易トイレを実際に組み立てて使用してみて強度の事や使いやすい点不便な点などわかりました。
・実物を実際に見て触って体験できたのは非常に良かった。
・防災用の簡易トイレは知識が全くなかったので大変勉強になりました。ありがとうございました。

「知ることからはじめよう!」防災アンケート報告会の取り組み報告

2017年04月10日

よどがわ市民生協では、地域社会の一員として、事業や活動を通じて、地域に存在する様々な問題の解決に貢献することをめざしています。
今年度のテーマは「地域の防災」です。昨年10月より、約5,200名の組合員にアンケートを実施し、アンケート結果の報告会を3月13日(月)~16日(木)の期間にエリア内4会場で開催、35名が参加しました。
アンケート結果から見えてくるもの(機関紙「よどがわ」2月号参照)、ローリングストックとは?、知って役立つ防災グッズなども紹介、参加者どうしでの交流も行いました。
報告会では、さらに防災について学んだり調べたり活動する「地域モニター」登録(現在38名)を呼びかけ、今後は防災学習施設見学などの企画や、行政(市・町)との懇談会も予定しています。
わたしたちの地域について、ともに考え・話し合い・行動する組合員さんを増やし、地域の防災力を高めていきましょう。

※モニター登録希望など、この取り組みに関心がある方は、よどがわ市民生協・組織部(電話06-6319-5610 受付:月~金、9~17時)にお電話ください。


■アンケート報告会参加者の感想
・ 防災について他の人の意見が聞けてよかったです。備える食品に惣菜や缶ジュースがあって意外でした。新聞スリッパを作ってよかったです。
・ ローリングストックやサバイバルクッキングとか初めての言葉、皆さんの色々なご意見に大変よい体験をさせていただきました。初めての防災の話に勉強になりました。
・ 各市によって取り組みの違いがあったこと、自治会としての取り組みや個人で参加できることなど色々あることを知りました。
・ まだまだ「防災」に関する意識が弱くて、ほわ~んしている自分を実感していますが、今日参加して知ること、備えること、みんなで学ぶことの大切さを感じました。
・ ご近所の方と危険に関して話し合う機会はなかったので、よい機会があったと思います。安全に関して正しい確かな知識の必要性を痛感しました。
・ 報告を聞いて、個人的には防災を身近に感じられていない、他人事になっていると思いました。マンション住まいということもあり、地域に関われていないことが実感しました。
・ 報告を聞いて、生協がこういうことをやっているとことを近所に伝えたい。
・ 防災をきっかけに地域との関わりが持てたらと思い参加しました。まず、豊中市在住の方々と意見や感想を共有できたことがうれしかったです。少しずつ防災意識を高め、地域の役に立てたらと願っています。生協の方々がこういう場を設けてくださり、ありがたいと思っています。
・ ローリングストックをもう少しやってみようと思いました。自分の命、守れる命は自分たちで守るためにもやっぱり色々知ること、学ぶことは大切だと思いました。

よどがわさん イメージ

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー