よどがわ生協トップ > 活動報告ブログ > 生協全体の活動

みんなで取り組んでいます 生協全体の活動

Aブロックモニターまとめの会を開催しました♪

2022年01月06日

よどがわ生協では、『いつまでも地域でイキイキと自分らしく安心してくらしたい』という想いの実現を目指す組合員活動として「地域モニター活動」に取り組んでいます。今期は「子育て」をテーマにしており、子育てしている当事者だけでなく、地域で子どもたちを育むためにできることを考えています。

Aブロック(高槻、茨木、島本)では、子育てについてモニター同士で交流を深めた後、各行政との懇談会を行いました。
今回は、そこで話し合われた内容を報告し合う場として、「Aブロックモニターまとめの会」を開催しました。

日程:12月20日(月)
会場:茨木福祉文化会館
参加モニター:6名

実際に懇談会に参加したモニターからは、懇談会で知ったこと、思ったことなどを報告し合いました。

全体の様子

お互いに報告をするなかで、「モニター活動に参加していて思ったこと、気づいたこと」を出し合いました。

「自分の住んでいる地域は他の地域とは全然違うとわかり、住む場所について知り、考える事はとても大事だと思った」
「モニター活動を通じて、今と昔の子育ての違い、子育ての価値観の違いを学んだ。暮らしやすくなるには声をかけること。返事がなくても挨拶は続けていきたい」
「自分の住む地域では毎月催しがあるので、おせっかいかもしれないけど、知らない人であっても「こんなんあるよ」と積極的に立ち話のときに言ってあげたい」
「この活動を通じて子育てに関わり、考え、交流することができた。自分のときと違うんだなとおもった。お互いに歩み寄ることが大切」

地域のことはみんなで考え、行動していくことが大切だということが改めて感じられる場となりました。

集合写真

まとめの会が終わった後は、みんなでキーホルダーづくりも行いました。

フェルト選び

好きな色のフェルトを3色選んでつくります。どの色にするか迷いますね・・!

製作の様子

協力しながら・・・

完成品

完成!オリジナルの素敵なキーホルダーができました♪

完成品

このキーホルダーは、活動に参加した証でもあります。
ときどきモニター活動をしたことを思い出して、地域に目を向けてもらえたら嬉しいです(*^_^*)!

ピースキャンドルナイト2021

2021年12月27日

誰もが気軽に参加しながら核兵器廃絶や平和について考えるきっかけとなることをめざし、ピースキャンドルナイトを開催しました。
おかげさまで、今年で11年目を迎えました。

開催日:11月26日(金) 17:30~18:30
場所:せんちゅうぱる北広場(千里中央駅前)
主催:組織部

night1.jpg

今年は、テント内に製作ブースを設けて「平和キーホルダー(プラ板)作り」を行いました。
お子さん達が一生懸命に絵を描き、トースターで熱を加えるとプラ板が縮む様子を見て、大人も一緒に楽しんでいました。

night1.jpg

テントでは、平和の展示も行いました。

【展示内容】

豊中市からお借りした「原爆パネル」

組合員からの折り鶴で作成した「折り鶴アート」

NPT再検討会議に向けて作成した法被(2019年度総代からの平和メッセージ付き)

組合員の皆さんから頂いた平和川柳

night1.jpg

night1.jpg

night1.jpg

night1.jpg

キャンドルナイトで使用しているのは小さいお子さんにも安心なLEDキャンドルです。本当の火の様に光がゆらめきます。
今年は、平和の象徴である「ハト」を表現しました。

night1.jpg

night1.jpg

更に今年は、豊中市を拠点とし活動しているプロのオーケストラ、日本センチュリー交響楽団より、お二人の方にお越しいただきました。ホルン(奏者:三村 総撤さん)とクラリネット(奏者:吉岡 奏絵さん)の素敵な2重奏に、道行く人も足を止め、笑顔で聴いている様子が見られました。

night1.jpg

night1.jpg

キャンドルの光を眺めながら、素敵な音を聴きながら、展示や製作をしながら、
ほんの少しでも「平和」に想いを馳せるひと時となっていれば幸いです。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

night1.jpg

night1.jpg

おすわりアート撮影会&クリスマス手形アートを開催しました(^^♪

2021年12月15日

おひるねアート協会認定講師に年賀状にも使える写真を撮影してもらいました!
クリスマスカードにも子どもの記念にもなる手形アートも一緒に楽しみました♪
  
開催日:11月23日(火・祝)
会場:吹田さんくす
講師:松田 薫さん
主催:生活文化委員会「スマイル」
参加人数:親子12組
  
IMG_0805.JPG
  
思い思いの服を着て、トラのイラストをバックに撮影会(*^_^*)
は~い、こっち向いて~カシャッ!
  
osuwari5.jpg
  
ステキな写真が撮れました!年賀状にも使えそうです♪
  
osuwari3.jpg
  
子どもの手に絵の具を塗って色画用紙にペタッ!
サンタさんの帽子は折り紙で作りました。
目と鼻をペンで書いて出来上がり♪
  
osuwari4.jpg
  
<参加者の感想>

「コロナ禍でイベントが少なかったので、いい想い出になりました」
  
「写真、手形アートのように形に残せるものはうれしい
  
「兄弟でかわいい写真が撮れて満足です」
  
「子どもが楽しんでくれてよかったです!」

エコタワシづくりを開催しました!

2021年11月17日

毛糸を編んで、洗剤を使わずに汚れを落とせるエコタワシを作りました(^_-)-☆
  
開催日:10月25日(月)
会場:NPOここから100
講師:田邉 美子さん
主催:ここから100 コープ委員会
参加人数:8人(委員会メンバー含む)
  
tawasi1.JPG
  
好きな毛糸の色と完成させたい作品を選び、編んでいきます。
色とりどりできれいですね♪
  
tawasi2.JPG
  
tawasi4.JPG
  
tawasi3.JPG
  
「これで合ってるかな?」と確認しあったり、世間話をしながら、完成!
自分だけのエコタワシが完成しました(^^♪
  
tawasi5.JPG
  
<参加者感想>
  
わかりやすくて楽しかったです」
  
「基本を教えてもらえて、応用ができそうです。編み物が好きになりました。いろいろ作ってみたいです」

組合員と福祉関連施設の協力でフードドライブに340kgを超える食品、日用品を提供いただきました

2021年11月09日

 7月の第1弾の取り組みに続いて、10月の最終週に吹田市に係る学生100名に食品の提供を行いました。
今年度は吹田市社協施設連絡会、吹田市社協、大阪よどがわ市民生協の3団体で実行委員会を作って、新型コロナ禍で暮らしに影響が出ている大学生、大学院生、専門学校生に3~5日程度の食品の支援を行っています。

food8.jpg
    
 これら支援の取り組みの原資に、コープ共済連の地域ささえあい助成を活用させていただいています。
第2弾では吹田市内の生協組合員に食品の提供を呼び掛けるフードドライブに取り組みました。
全国の生協では複数の配送センターやお店で、食品の提供を受付しているところがほとんどですが、よどがわ市民生協は店舗をもっておらず、本来であれば受付できる吹田市内の施設は第1支所と併設されている生協本部1ヵ所しかありません。
しかし、吹田市内の高齢者や障がい者施設、保育園などの16ヵ所の施設の協力で商品の受付ができました。
  
food1.JPG
  
 その結果、施設のみなさんの寄付も含めて食品1,062点340kgを超える食品や水、日用品の提供がありました。
ご協力いただいた組合員のみなさん、施設のみなさんに改めて感謝申し上げます。
  
food2.JPG
  
 回収した商品は社会福祉協議会の職員や生協の組合員理事も参加して日付のチェックを行いました。
  
food3.JPG
  
また、施設の職員やボランティアの学生も含めて100人分の商品の仕分けと袋詰め、商品と一緒にいただいた学生への応援メッセージも合わせてセットしました。
  
food9.JPG

food7.jpg
  
food4.JPG
  
商品を入れる袋は施設の利用者が描いた絵をデザインしたエコバックを用意しました。
  
food5.JPG
  
 新型コロナの感染者は減ってきていますが、暮らしへの影響は続いています。
実行委員会では年明けに第3弾の取り組みを予定しています。
よどがわでは今後も地域の課題の解決に向けて、引き続き地域の団体と協力した取り組みをすすめていきます。
  
今年度 第1弾の取り組みはこちら
  
food6.JPG

よどがわさん イメージ

2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー