よどがわ生協トップ > 活動報告ブログ > 生協全体の活動

みんなで取り組んでいます 生協全体の活動

憲法のおはなし『檻の中のライオン』開催報告

2019年02月15日

「憲法」について組合員さんにまずは正しく知ってもらおう!ということから、

今全国各地で講演に回られている弁護士の楾大樹さんをお招きし

<憲法のおはなし『檻の中のライオン』>を開催しました!

開催日:2月9日(土)10:00~12:30
開催場所:茨木市福祉文化会館
参加:40人

orinonakano1.jpg

おはなしの最初は、クイズから始まりました。

「憲法を守らないといけないのは誰でしょうか?」  「国民全員?国民全員じゃない?いったい誰?」

・・・正解、あなたは分かりますか?
  
  

国民は「憲法を守らせる立場」です。憲法を守らないといけないのは「権力者」です。
 
まずはそういった参加者の認識から確認し、『檻』を「憲法」・『ライオン』を「権力」と置きかえ、とても分かりやすく憲法の成り立ちや役割から説明していただきました。

orinonakano2.jpg

親しみのわくようなパペット人形を使ってのおはなし。

途中、会場からは笑い声が聞こえるほど盛り上がり、
憲法のおはなしを聞いているのか?と思うほど楽しくすっと頭に入ってきて、分かりやすい内容でした(^_^)
 
 
普段のくらしの中で「憲法」は遠いように思われがちですが、実は私たちの生活に密接に関わっています。

「憲法」をつくっているのは誰?「憲法」を守らないといけないのは誰?

私たち国民自身が憲法をつくっていることを知り、多くの方々にとって気づかされることの多い講演会となりました。

orinonakano3.JPG

楾さんの著書『檻の中のライオン』は、かわいいイラスト入りでとても分かりやすく憲法が学べます。
でも、ちょっと難しいかな・・・というお子さんには、絵本『おりとライオン』もありますよ。

「あぁ、これが憲法なんだな」と感覚的に理解できるような、そんな絵本です。
私も1冊ほしくなりました。
  
  
<参加者の感想>

「分かりやすく頭に入ってきました。本をすぐ読んでみたくなりました。日頃あまり何も考えていなかったことを恥ずかしく思っています」

「『憲法』を身近に感じることができました。一人一人が改憲の怖さを知らないと今までの敗戦からのこの70年間の歴史を無にしてしまいそうで本当に怖いです。一人でも多くの人に知らせること!お互い身につけたいです」

「知らないことは怖いなぁと思った。すごく勉強になりました」

「選挙権をもらったばかりの若者やそもそも選挙に行かない人たちにこそ講演をしてほしい。我々中高年ももっと早くから憲法を勉強すべきでした」

「分かりやすく伝えやすいお話しでした。久しぶりに学校で授業を受けているような気持ちになりました。孫たちにも伝えたいと思います」

「第12条に国民の不断の努力によって保持せねばの言葉を改めて確認しました」

「教科書を手に取る年齢ではないのですが、現在小学生・中学生のお子さんを持ちの方には教科書を一度見てもらいたいなと思いました」

モニターのつどい『脳の老化を防ぐ食事を学ぶ』

2019年01月24日

島本町・高槻市・茨木市にお住まいの地域モニターさんに参加を呼びかけ、
モニターのつどいを開催しました(^_^)

※地域モニターとは?
1年間を通じて地域の問題を組合員自ら学び行動する活動として、2016年9月からスタートした登録制の取り組み。
今期のテーマは「地域の高齢者のくらしの不安・困りごと」です。(前回のテーマは「地域の防災」でした)

開催日時:1月21日(月)9:45~11:30
場所:愛仁会総合健康センター 2階カルチャー教室
内  容:『脳の老化を防ぐ食事を学ぶ』、『よどがわ生協の夕食弁当試食』

190121monita1.JPG

講師は愛仁会総合健康センターのトレーナー兼管理栄養士さん。
笑顔がステキな方でとても分かりやすい話口調でした(^-^)

本題に入る前に、簡単な脳トレをみんなでおこないました。
「昨日の夜ごはんは何を食べましたか?」「一昨日の夜ごはんは何を食べましたか?」

・・・ぱっと出てきませんね(^^;)
思い出そう、覚えようとする脳の頑張りが、脳の働きを鍛えていきます。

190121monita2.JPG 190121monita3.JPG

他にも、家でもちょっとした時間にできる脳トレ体操を色々教わりました。

脳の衰えは、生活習慣・食事・睡眠などが関わってくるそうです。
これらは持って生まれたものではなく、自分で選べる・変えることができます。

日々の生活で食事や運動など少し心掛けるだけでも、変わってきそうですね。

脳の働きを助ける栄養素について、特に『魚の脂(DHA・EPA)』を効率よく摂ることがオススメだそうです。

みなさん、ツナ缶の油は捨てていませんか?
調味料を足してドレッシング代わりにするといいですよね~と教わりました(^_^)

他にも1日にどれくらいの量を食べたら良いか、おすすめレシピなど色々ご紹介いただきましたよ。

190121monita4.JPG

お話のあとは、よどがわ生協夕食弁当の試食をしました♪
献立はちょうどお話を聞いた魚をメインとしたメニュー。

190121monita5.JPG 190121monita6.JPG

サバの味噌煮、かぼちゃのナスの肉そぼろ、里芋の煮物、
きゅうりの漬物、コールスローサラダ、おにぎり(紅鮭ご飯、しそご飯)

ご検討されている方、ぜひ一度お試しくださいね♪
(2/22まで1週間分半額キャンペーン実施中★ぜひ一度お問い合わせください^^)


<参加者の感想>

「おはなしの中に最近の食行動(バイキングなど)が盛り込まれていて、役立った」

「簡単体操がとても楽しかった♪」

「即、実生活に取り入れられる知識を得られた」

「参加者との共有・共感ができたのか、とても和やかな集いだったと思います」

「初めて食べさせていただきました(夕食弁当)。思っていたよりおいしくてびっくりです。『試食』の大切さを知りました」

モニターのつどい『介護は突然やってくる ~あなたがその時あわてないために~』

2018年12月06日

島本町・高槻市・茨木市にお住まいの地域モニターさんに呼びかけて、「モニターのつどい」を開催しました。

日時:12月3日(月) 場所:茨木市立福祉文化会館 会議室
内容:「介護は突然やってくる ~あなたがその時あわてないために~」
        「認知症予防体操」

181203tudoi1.jpg


モニターのつどいは、今回のテーマである"地域の高齢者のくらしの不安・困りごと"についてのアンケートや、9月に開催したアンケート報告会で寄せられた声をもとに内容を決め、開催しています。
今回はよどがわ保健生活協同組合 介護相談センター 介護支援専門員の佐々木久美さんを講師にお迎えしました(^_^)

181203tudoi2.JPG 181203tudoi3.JPG

介護保険の申請~実際に使うまでの手順、介護保険で利用できること・できないこと、事例の紹介など
とても分かりやすく教えていただきました。

また、認知症予防のために佐々木さんが大事だと考えられている4つのポイントがあります。

1.人と関わる・交流する
2.頭と体を使う趣味をもつ
3.自分で歩く
4.食事に気を配る ※和食+牛乳

使わない筋肉は衰えていきます。こまめに歩くことが大切!


認知症の発症は、65歳以上で約5人に1人、85歳以上で約2人に1人と言われているそうです。
ただ、予防はできる!ということで後半の時間は参加者全員で認知症予防体操をおこないました(^_^)

181203tudoi4.JPG 181203tudoi5.JPG

イスに座ったまま、音楽に合わせて手と足を動かし・・・
だんだん複雑な動きになり、難しかったです。

体を動かし、みなさんスッキリ☆笑顔で帰っていきました!

181203tudoi6.JPG

終了後、希望者のみ「趾間圧迫筋力測定器」で足指の力を計測。
よどがわ保健生活協同組合さんに準備・測定していただきました。

<参加者の感想>

「介護保険の内容の具体的な利用の仕方を詳しく教えていただけ、心丈夫に感じられました」

「佐々木さんのお話、大変わかりやすく勉強になりました。知っているつもりでも知らないことが多いですね」

「認知症予防のための4ポイントと、体操を教わったことが良かったです」

「知識が豊富な方がたくさんいらっしゃり、いろいろな話が聞けてよかったです。体操も楽しかったです」

「みなさまにお話を聞いていただいて、またみなさまのお話を聞かせていただいて、とても楽しかったし励みになりました」

ピースキャンドルナイト2018☆開催報告

2018年12月06日

11月30日(金)、豊中市千里中央駅近くのせんちゅうパル北広場にて、
「ピースキャンドルナイト2018」を開催しました。 (後援:豊中市)

181130peacekn1.jpg

今年で開催8年目を迎えるこのピースキャンドルナイトは、『核兵器のない世界と平和を求め、
キャンドルに明かりを灯し、市民へ平和のメッセージを発信すること』を目的として開催しました。

181130peacekn3.jpg

小さいお子さんも安心して参加できるよう、LEDキャンドルを使用しています(*^_^*)

181130peacekn9.jpg

キャンドルスタンド作りブースでは、お子さんだけでなく大人もリラックスして、
熱心に空き瓶にイラストなどを描いていました。

181130peacekn6.jpg

オリジナルのキャンドルスタンド。空き瓶を利用し、エコですね。

181130peacekn7.jpg

展示ブースでは、豊中市からお借りした原爆被害の様子などのパネルを展示しました。
また、核兵器禁止署名並びに平和募金の呼びかけをおこないました。

181130peacekn5.jpg

LEDキャンドルに照らされた「平和」とその象徴である「ハト」の形に並べられた光に、
道行く人も立ち止まって「可愛いね」と言いながら眺める姿もみられました。

181130peacekn8.jpg

小さいお子さん、学生の方、ご年配の方、外国の方と、本当に様々な方にご参加いただきました。

181130peacekn2.jpg

約700人の組合員・市民が参加し、平和の意味を考えさせられるひと時となりました(^_^)

モニターのつどい 『知って不安解消!~吹田市出前講座~』

2018年11月29日

吹田市・摂津市にお住まいの地域モニターさんに呼びかけて、「モニターのつどい」を開催しました(^_^)

日時:11月29日(木) 場所:吹田勤労者会館 会議室
内容:「地域包括支援センターってどんなところ?」
        「座ってできる簡単体操♪」

モニターのつどいは、今回のテーマである"地域の高齢者のくらしの不安・困りごと"についてのアンケートや、9月に開催したアンケート報告会で寄せられた声をもとに内容を決め、開催しています。
今回は吹田市の出前講座として、吹一・吹六地域包括支援センターと吹田市高齢福祉室の職員を講師にお招きしました。

181129tudoi1.jpg 181129tudoi2.jpg

地域包括支援センターとはどんなところか?また地域包括ケアシステムの推進など、取り組まれている内容をお話いただきました。

行政だけでは支援が足りません。本人や家族の自助努力はもちろん大事ですが、互助も重要であり、地域のみんなが助け合っていかなければなりません。吹田市では、介護予防・日常生活支援総合事業が開始され、独自の取り組みも行われています。(吹田市はつらつ元気大作戦、吹田市高齢者安心・自信サポート事業)

181129tudoi3.jpg 181129tudoi4.jpg

介護認定を受けられる人は、年々増えているそうです。
また、要支援1・2の介護保険申請理由の多くは、「高齢による衰弱」「転倒・骨折」です。
そうならない為の予防がとても大事だということを教えていただきました。

「介護サービスを受けたい」、「近くで体操できる場所を教えてほしい」、「親が一人暮らしで退院後の生活が心配」など、高齢者の生活のことで何か気になることがあれば、まずは地域包括支援センターへ相談してくださいとのことです(^_^)

お話を聞いた後は、グループで交流。
そして最後は、家でも簡単に座ったままできる体操(骨盤を動かす)を教えてもらいました。また、唾液腺マッサージもレクチャーしてもらいました(^_^)

*介護予防の4つのポイント・・・「運動」 「お口と歯」 「栄養」 「認知症・うつ・閉じこもり予防」



<参加者の感想>

「地域包括支援センターへの理解が深まりました。吹田市民はつらつ元気大作戦のことを知れてよかったです」

「地域包括支援センターなど名称だけしか知らなかったですが、具体的な内容について知ることができました」

「参加者の中に現在介護をされている方がいて、生の声を聴くことができました」

「近くに参加できる施設があることを知りました(ノルディックウォークなど)」

「私も体を動かしたり、食事の内容も深く勉強したいと思います」

よどがわさん イメージ

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー