よどがわ生協トップ > 活動報告ブログ > 生協全体の活動 > 環境

みんなで取り組んでいます 生協全体の活動

サバイバルクッキング ~もし、ガス・水道が止まったら・・・~

2019年02月19日

昨年は大阪北部地震や台風21号などで、北摂地域で停電や断水などの被害が出ました。
 
また、南海トラフ地震は高い確率で起こると予想されています。
    
「いざという時どのような備えが必要?」 「ライフラインが寸断された時、あったかい食事をどう確保する?」

自然災害は私たち人類にとって最大の環境破壊。今一度考えるきっかけになれば・・・という想いから
  
今回はガスも電気も止まっている災害時の状況を仮定し、ポリ袋を使った食事作りを体験しました。

(主催:環境グループ 2月13日(水) 参加:21人)
  
190213sabaibaru1.jpg
  
まずは<春キャベツの即席漬け>。きざんだ春キャベツと塩昆布をポリ袋に入れてもみます。

190213sabaibaru2.jpg

ちょっと置いておいておくだけで・・・良い感じになじんでいます(^^)
春キャベツは細かくきざむより存在感が出る大きさの方が、食べごたえがありましたよ。

190213sabaibaru3.jpg

お次は<チキンライス>。お米0.5合と水120mlをポリ袋に入れ、約30分浸水させます。

お米はとがなくてOK。今回は無洗米を使いました。

190213sabaibaru4.jpg

そこに、やきとりの缶詰を1缶とケチャップを少々加えてよく混ぜ合わせます。
ポリ袋がやぶれないように注意しながら・・・

190213sabaibaru5.jpg

袋の空気を抜いて、一番上で固く結びます。こんな感じで。

190213sabaibaru6.jpg

お鍋に水を沸騰させ、グラっときたところで弱火にしポリ袋を投入。
これで30分程茹でると完成です。 とっても簡単!お味が気になりますね・・・!

190213sabaibaru7.jpg

次にこちらは<茶わん蒸し>です。 水150ccにうどんスープ3gと卵1個を入れ、具材は三つ葉と花ふを入れました。

泡が立たないように、そしてこちらもポリ袋がやぶれないよう気をつけながら混ぜていきます。

190213sabaibaru8.jpg

袋の空気を抜き、上で固く結んでお湯の中へ。

190213sabaibaru11.jpg

こちらは15分で完成です。 ダシにうどんスープを使うとは・・・途中から良いニオイが漂っていました(^^)

190213sabaibaru12.jpg

災害時には甘いものも食べたくなるよね・・・ということで<白玉だんご>も作りました。
 
白玉粉100gに絹豆腐150gを入れて混ぜ、茹でるだけ。
(今回は3個パックの絹豆腐を1パック使用しました)
   
190213sabaibaru133.jpg
 
すべて完成したものがコチラ♪ 新聞紙で作ったハコをお皿替わりにしています。これもアイデアです。
 
ポリ袋の上をハサミでちょきんと切り開き、いただきました(^_^)
 
190213sabaibaru16.jpg
 
混ぜ方やお湯加減によって多少差は出たものの・・・余熱で火も通るし、災害時なら十分!な出来ばえです。
お味もおいしく、こんなあったかいおいしいものが被災時に食べられたらほっこりするだろうな~
 
今回をきっかけに、色々と考えていざという時に備えてもらえたら良いですね。
カセットコンロは常備をオススメします。

190213sabaibaru14.jpg
 
今回使ったのはコープのキッチン用ポリ袋。『高密度ポリエチレン製』がポイントです。
 
覚えておいてくださいね(^o^)
 
190213sabaibaru15.jpg

そしてこちらは、開始前に委員さんが準備し保温していたお茶。新聞紙にくるんでおくだけで、
1時間半程経ったやかんもまだあったかでした。これもアイデアですね。

光熱費節約の保温調理、野菜を無駄なく使いきるなど、環境にやさしくできることがたくさんあるな~と
気づかされました。

環境グループでは、親子で環境のことを考え不用品でリサイクルのおもちゃ作りや、エコクッキングなどの企画をおこなっています。
いつまでも健康で、環境にやさしい暮らしを!みなさんも考えてみてはいかがでしょうか?

<参加者の感想>

「情報としてはテレビや新聞等でよく見ますが、実際にやってみたことはありませんでした。今日は大変貴重な体験をさせていただきました。自宅でも子どもとやってみようと思います」


「お米を浸水させて湯せんするだけで食べられることに驚きました。白玉だんごもおいしかったです」

「いろいろ展開していけそうなヒントをいただけました。野外活動時にもぜひ試してみたいと思います」

「こんなに手軽に調理できるとは思いませんでした」

家庭でできる家計にもやさしい省エネ学習会

2018年11月22日

CASA(特定非営利活動法人 地球環境市民会議)の方々を講師に迎え、地球温暖化問題を学ぶとともに、家庭でできる具体的な省エネの取り組みを紹介していただきました。また、参加者自身が家庭で実践している省エネの取り組みや、今後実践していきたいことなどを交流しました!

日時:11月20日(火)10時~12時  場所:吹田さんくすホール 第3会議室
参加:24人

20181120casa1.JPG 20181120casa2.JPG
講師:早川光俊さん(CASA 専務理事)
       「地球の温暖化の現状」
       「『パリ協定』と脱炭素社会に向けての世界と日本の動き」
   三澤友子さん(CASA 理事・エコ診断士)
       「家庭での省エネのすすめ方 ~家計にもやさしい省エネの実践~」


 世界的に広がる異常気象。地球温暖化の影響が人間の健康や作物生産へ影響を与えている事例や、海水の酸性化によって生態系の変化・食糧危機が懸念されることなどを教えていただきました。今後100年で世界の平均気温は1.1~6.4℃の上昇が予測されています。この急な気温変化により、植物が耐えらられるのか、それにより生態系が保てるのかという問題が起こってくるそうです。
 パリ協定が2015年12月に採択されて以後、世界で脱炭素社会の動きが広まってきています。石炭火力の閉鎖や投資撤退、ガソリン車・ディーゼル車の廃止など各国の動きをご紹介いただきました。
地球温暖化防止に向けては、エネルギー消費を減らす省エネに取り組むこと・温室効果ガス排出の少ない自然エネルギーへエネルギー源の転換、この2つが必須です。日本はCO₂排出量世界第5位であり、途上国へ多大な影響を与えている事実。私たち市民・消費者一人ひとりが考え、できることから行動していくことなくして、地球規模の環境問題の解決はありません。

20181120casa3.JPG 20181120casa4.JPG
家庭からのCO₂排出量は、全体の約半分。私たちの生活が削減の大きな鍵を握っているともいえます。
生活の中で最も多くCO₂を排出しているのは照明・家電製品です(2位:自動車、3位:給湯、4位:暖房)。これらのCO₂削減対策をすることが省エネにつながります。

例)照明をLEDへ交換。自動車は利用頻度を減らしたり、カーシェアリングを利用。
  暖房は、エアコンやこたつの利用を(電気ストーブが最も多くCO₂を排出する)。 など

家電製品の買い替え(エネルギーラベルを参考に)や住宅の省エネ(窓などの開口部の対策が有効!雨戸や複層ガラスの利用)など、私たちの暮らしの中で実践できることはたくさんあります。頑張りすぎると続かないので、無理なく取り組んでいきましょう、と三澤さんからお話いただきました(^^)

20181120casa5.JPG
参加者どうしの交流の中で、私たちができる取り組みがいっぱい出されました。

家族の協力も必要不可欠。少しずつでもみんなの意識が広がっていくように、伝えて実践していきたいです、と参加者からもお声をいただきました(^^)


8月3日(水)夏休み親子工作教室(環境グループ)

2016年08月05日

環境グループさんが毎年実施している、夏休み親子工作教室♪
今回は、牛乳パックをリサイクル!
とっても可愛いミニバスケットと、不思議なマジックスクリーンを作りました(^o^)

0803kankyo1.jpg 0803kankyo2.jpg
皆さん、作業に夢中です♪牛乳パックを切って、組み立てて、絵を描いて・・・

0803kankyo3.jpg 0803kankyo4.jpg
それぞれ、素敵な作品を完成させることができました☆

環境グループはメンバーを募集しています!
環境について考えるきっかけ作りや、自分自身の知識向上に興味のある方、ぜひ一緒にいかがでしょうか?(^o^)
ご興味のある方はぜひ一度、組織部までお問い合わせくださいね♪
06-6319-5619(受付:月~金 9時~17時)

紀ノ川農協の取り組み&古座川の自然を知るツアー報告

2015年10月07日

よどがわ生協で初めてバスで1泊ツアーを行いました。
今回、紀ノ川農協さんより「中山間地域を消費者である都市部の組合員さんに実際に見てもらい、交流を図り、知ってもらいたい」とご提案いただき、「紀ノ川農協の取り組み&古座川の自然を知るツアー」が実現しました。

1日目は、紀ノ川農協さんで始まった「てんとうむしプロジェクト」の学習をしました。

「てんとうむしプロジェクト」とは、環境保全型農業が持続して発展できるよう、少しでも温室効果ガスの排出を少なくし、ソーラーパネルを皆さんと一緒に設置することで自然エネルギーへの転換を図るものです。

shasinn1.JPG shasinn2.JPG
学習後、実際に太陽光パネルが設置されている屋根の上を見学しました。環境のことも考えて農業をされる組合長の熱心なお話に参加者も真剣なまなざしでした。

shasinn3.jpg
shasinn4.JPG shasinn5.JPG
午後からは「平井の里」の柚子の皮を使ったマーマレード作り体験を行いました。その他、日本ミツバチの生態について興味深いお話を聞くことができました。養蜂が盛んにおこなわれてきた歴史なども学びました。

shasinn6.JPG shasinn7.JPG
2日目は朝から一枚岩へと向かいました。その大きさに、写真を撮ろうと思っても全部が入らずいいアングル探しに苦労しました。
そこから平井の里までは1時間弱。この日は土砂崩れの影響で道路が通れないところもあり迂回して向かいました。

shasinn8.JPG shasinn9.JPG
平井の里では、廃校になった小学校のグラウンドに立てた柚子の加工工場、平井の里の水源、ゆず畑を見学しました。道中、車の中から見える古座川は何十メートル上から見ても川底が見える透き通った水が流れており、移動も楽しみの1つになっていました。

shasinn10.JPG shasinn11.jpg
自然とともに暮らす温かい平井の里の皆さんともお別れをし、1泊2日のバスツアーはあっという間に終わりました。

今回の企画では、都市部では味わうことのできない自然(きれいな川、大きな岩、満点の星、ミツバチの養蜂)を体感し、また、現地で暮らすあたたかい人たちと交流することができました。この中山間地域は流域の上流部に位置することから、中山間地域の農業・農村が持つ水源、洪水の防止、土壌の浸食や崩壊の防止などの多面的機能によって、下流域の私たちの都市住民を含む多くの国民の財産、豊かな暮らしを守っています。
「平井の里」では、特産品の柚子の生産・加工・販売を一元化し、地域起こしにと農事組合法人を設立され、ジャムやマーマレードなど約30種類もの商品を生産されています。UターンやIターンの若い人たちも頑張っています。古座川町では都市部からの移住も積極的に取り組まれています。

子どもから大人まで楽しめたと同時に、山間部の暮らしを目の当たりにし大阪に戻ってからのそれぞれの暮らしについて見直すきっかけとなりました。

2/6(木)らくらくエコ料理♪(環境グループ)

2014年04月10日

『らくらくエコ料理♪』


「エコ料理」って何がエコなの・・・?

今回は、保温調理でガス代節約!

食材もムダなく、食器の洗い方についても洗剤や水の節約につながる、環境グループならではの勉強ができました。

IMG_0743eko1.jpg

「ゆで豚」を作るのには、鍋をずっとコンロの火にかけるのではなく、10分煮て保温調理!
(保温することで、豚モモ肉のかたまりもちゃんと火が通ります。)

IMG_0750eko2.jpg

いろんな料理に応用できる保温調理(エコ料理)で、少しずつでも環境について考えていけたらすばらしいですね。

牛乳パックで親子工作 ~環境グループ~

2013年05月13日

3月27日(水)牛乳パックを使って親子工作を行いました。

P1130903HP%E6%8E%B2%E8%BC%89%EF%BC%92.JPG P1130902HP%E6%8E%B2%E8%BC%89%EF%BC%93.JPG


大人は引き出し付き小物入れ、子どもはびっくり箱を作りました。

絵本のカバーを利用して、とっても可愛い手提げ袋もできました!

(捨てられてしまう絵本のカバーをひきとり、再利用しました♪)

P1130936HP%E6%8E%B2%E8%BC%89%EF%BC%91.JPG

【環境G】重層学習会(11月17日)

2011年12月20日

■ コープクリーン学習会

定員の20名を大きく超えるご応募をいただきました。 

コープクリーンさんの講師の方に来ていただき

“重曹”を使って、茶しぶや鍋のこげつきなどの落とし方を学びました。

「重曹は持っていたけど、使いこなせないで置いたまま・・・」という方も多く、

冷蔵庫や生ゴミなどの脱臭や水に溶かしてヘアブラシの洗浄などなど・・・

いろいろな効果がある!と重曹の用途の多さにもビックリ!!しました。

女性ばかりでなく、ご夫婦で参加されてる方も、

持ち寄ったやかんや鍋などをピカピカに磨いて帰られました。
migakumigaku.JPG

終始賑やかで、年末に向け、皆さんお掃除に力が入ることでしょう。

今回、予定にあった、クエン酸を使っての実習は出来ませんでしたが、

クエン酸の性質や使い方など教えていただきました。

お手頃なお値段で手に入る“重曹”普段から、生活の中にもっと取り入れたいものです。
pikapika.JPG

環境見学会(11月16日)

2011年11月21日

「再生可能エネルギーの可能性を考える」をテーマに
滋賀県のあいとうエコプラザ菜の花館(東近江市)とくさつ夢風車(草津市)を見学しました。

あいとうエコプラザ菜の花館では、

東近江市が取り組んでいる資源循環型地域づくりの取り組みについて担当者から説明を受けました。

その後、館内にあるBDF(バイオディーゼル燃料)プラントを見学しました。
KIITERUYO.JPG

くさつ夢風車ではあいにく点検中ということで風車が止まっている中での見学となりましたが、

草津市の職員より現状と課題について説明を受けました。
FUUSHA.JPG

参加者からは

「今日の見学を通して、先日の環境学習会で和田先生がおっしゃっていた再生可能エネルギー社会の実現に向けて、

市民参加が必要であることをあらためて実感した」といった感想が寄せられました。
MINNNADE.JPG

環境学習会(11月14日)

2011年11月17日

「再生可能エネルギーの可能性を考える」をテーマに

和田 武氏(日本環境学会会長、自然エネルギー市民の会代表)を講師に迎え、

茨木クリエイトセンターにて44名の参加で開催されました。

和田さんは、3・11福島原発事故を踏まえ、

これまでの日本の原子力重視のエネルギー政策の危険性を指摘しました。

そして、再生可能エネルギー社会の実現に向けて、

実際に視察されてきたデンマークやドイツの事例を紹介しながら、

市民参加の必要性と原子力重視から再生可能エネルギー普及推進への政策転換の必要性を話されました。
zenntainokannji.jpg

wadasennsei.jpg

~参加者の声~

・今までなぜ日本で再生可能エネルギーが普及しないのかと疑問 に思っていました。
今回お話を聞いて、日本とヨーロッパの国々(ドイツ・デンマーク)との政策の違いを知ることができ、
そのためにこんなに差がついてしまったのだとわかりました。

・再生可能エネルギーを進めるには、国が法律が変わらなければ大きな変化はないが、
これを可能にするには、国民が市民が変わりなさい!と叱咤激励されていると思いました。
私に何ができるか考えたいです。

・とてもわかりやすい説明でよかったです。
世界的に日本の問題意識の低さに悲しい気持ちになりましたが、
やはり今からでも一人でも多くの人に伝えて日本の方向性を変えていきたいなと思いました。

【環境G】バスツアー

2011年09月23日

■親子で 滋賀県立琵琶湖博物館とのハスの群生地・水生植物公園みずの森にバスで行ってきました!

天気が心配される中、大人23名、こども19名のバスツアーで滋賀県に行ってきました。

『琵琶湖博物館』と『水生植物園みずの森』は滋賀県草津市の湖畔、

烏丸半島に位置し見晴らしのいい場所にありました。

『琵琶湖博物館』では、琵琶湖のおいたち・人と琵琶湖の歴史・その中での人びとの暮らし、

そしてなにより琵琶湖の生き物についての展示が数多くありました。

思ったより広々として、子供たちも小さな水族館で、

生き物を見たり触ったりしながらにこにこ、キャーキャー!楽しそうでした。
sinnkenn.JPG

『水生植物公園みずの森』では、その名のとおり色鮮やかな草花で園内を埋め尽くしていました。

その中でも湖水を覆う‘蓮(ハス)’の群生はキレイですばらしかったです。
fuukei.JPG

急などしゃ降り雨にもあいましたが、楽しい1日となりました。
zenninnde.JPG

よどがわさん イメージ

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー