よどがわ生協トップ > 活動報告ブログ > 生協全体の活動 > こどもたちに平和な未来を~親子で平和を考えよう♪【報告】

みんなで取り組んでいます 生協全体の活動

こどもたちに平和な未来を~親子で平和を考えよう♪【報告】

2015年08月13日

夏休み中の2015年7月29日(水)、5月にニューヨークで行われたNPT再検討会議でよどがわ生協の代表2名が現地で同じグループで活動した千葉県在住の被爆者児玉三智子さんをお招きし、被爆体験のお話をしていただきました。

吹田市内の小学校・中学校の児童のみなさんにもお知らせを配布させていただき、当日は87名の参加がありました。(うち小学生30名)

児玉さんがわかりやすく丁寧に、時に感情があふれ出るような声でお話いただき、子どもたちも一生懸命聞いていました。大人の方は児玉さんのお話を聞き、涙を流されている方もおられました。


親子で平和を考えよう


後半は、大人と子どもで部屋を分け、大人はNPT再検討会議の報告、子どもたちはパネルシアターや被爆体験のお話を聞いての冊子作り、和紙を使ったキャンドルスタンド作りを行いました。

大人の部では、児玉さんよりこれからの若い世代の方に向けて「今日聞いた話をぜひお子さんに伝えていただき、つなげてほしい。私は自分が動ける限り被爆の実相の話を国内・国外でしたいと思っていますが、年齢も上がりいつまでできるかわかりません。今日来ている若いみなさんにぜひ、つなげていただきたいと思います」と熱いメッセージをいただきました。


親子で平和を考えよう

親子で平和を考えよう

企画終了後、何組もの親子が児玉さんに話しかけていました。


親子で平和を考えよう

参加者感想 (一部抜粋)

・司会者の方が言われた通り、子どもと一緒に お話を聞かせていただいてよかったです。
子どものためにと思って、参加しましたが私自身がお話を聞けて本当に良かったと思います。(40代)
・戦争体験した祖母から少し話を聞いたこともありますが、被爆された方の本当に辛い体験を胸が詰まりながらずっと聞かせていただきました。戦争を知らない私たちが今後はこの思いを忘れず、語りついでいきたいです。(30代)
・次の世代に平和を受け継いでいくために、一人ひとりの意識を高めることが不可欠かな。大切な時間をありがとうございました。(30代)
・平和な未来がずっと続いてほしい。(4年生)
・戦争はしたくない。(5年生)
・工作は夏休みの作品になりそうでよかった。(2年生)

こどもたちに平和な未来を~親子で平和を考えよう♪【報告】
後援:吹田市、吹田市教育委員会

よどがわさん イメージ

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー