よどがわ生協トップ > 活動報告ブログ > 生協全体の活動 > ヒロシマピースツアー報告

みんなで取り組んでいます 生協全体の活動

ヒロシマピースツアー報告

2016年08月17日

2016年は被爆71年。今年も広島に原爆が落とされた8月6日に合わせて「ヒロシマピースツアー8/5~6」を行いました。
大人11名、子ども4名、事務局4名の合計19名で様々な企画に参加してきました。

8月5日、広島に到着して全員で「アニメと被爆証言」に参加し、矢野 美耶古さんによる被爆体験のお話をお聞きしました。
午後からは日本生協連主催の虹のひろばに参加しました。
オープニングは私立広島文教女子大学付属高校 和太鼓部「文教太鼓 葵」の演奏から始まり、
広島市長のあいさつ、若者からのリレーメッセージ
(私立近畿大学付属広島高校の学生による『原爆ドーム』爪楊枝アート、
広島市立基町高校の学生による『原爆の絵』、広島県立福山工業高校の学生による『被爆直後の広島市内の復元映像』)がありました。
そのあとは、各ブースを自由に周り生協取り組む平和活動に触れました。
「被爆したこの話を次の世代につなげなければ」という思いから、
広島の高校生たちが被爆者のお話を聞いて、絵に現した展示ブースは多くの参加者が集まっていました。


8月6日は平和祈念式典に参加しました。
平和記念公園には多くの人が集まっておられ、会場は8:15、平和公園内で黙祷を行いました。
10:00からはボランティアの渡部さんによる碑めぐり(フィールドワーク)に参加しました。

午後は、爆心地から約3.7㎞離れた「江波山気象館」の見学を行いました。
当時の気象図や黒い雨の降雨時間などを記した当時の資料などを見るとともに、
サイエンスショー等親子で楽しめるアトラクションも多数ありました。

大変暑い中でしたが、参加者全員平和について考える貴重な時間となりました。

【参加者感想】
・今回71年目に生協のピースツアーに参加し貴重な体験が出来ました。
 被爆の体験談は重々しくつらいものでした。
 ただ生きるだけでなく自分たちに何が出来るのかと考え、行動をする事。
 平和は私たち一人ひとりの手でつくりあげていかなければいけないと思いました。(60代女性)
・今回の碑めぐりは90分、暑い中で大変だなぁと心配していましたが本当に有意義な時間を過ごしました。(70代女性)


よどがわさん イメージ

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー