よどがわ生協トップ > 活動報告ブログ > 生協全体の活動 > 文化

みんなで取り組んでいます 生協全体の活動

ペットボトルキャップで簡単クリスマス飾り作り(11/21文化グループ)

2017年11月22日

厚紙にフェルトを貼り、布を巻いたペットボトルキャップをつけて簡単可愛いクリスマス飾りを作りました★
台紙の色やペットボトルキャップの組み合わせなど、それぞれ自由に選び、素敵な作品に仕上がりましたよ(^o^)
(開催場所:吹田市立勤労者会館  参加:17人)

20171121bunka3.jpg 20171121bunka4.jpg

ハギレを縫ってぎゅっと絞り、ペットボトルキャップにかぶせていきます。
大半は文化グループのメンバーが下準備され、2~3個をそれぞれがチクチク手縫いしました。
リボンやスパンコールのつけ方に個性が出ます♪

20171121bunka1.jpg 20171121bunka2.jpg

文化グループでは、毎年このペットボトルキャップを使った工作を企画しています。
次回は3月にネクタイ・スカーフを使ったネックレス作りを開催予定です♪お楽しみに(*^_^*)

<参加者感想>
・比較的簡単にできて、見栄えする。孫が来た時に一緒に楽しめそうです!
・短時間で楽しめ、素敵なアイディアでした☆
・身近にある材料で簡単に季節感のあるクラフトができると知り、良かったです♪

9月3日(土)スマイル委員会企画で「人形劇団ふうせんのりがやってくる」を開催しました。

2016年09月12日

当日は大人22名、お子様26名(0歳~8歳)の計48名の参加がありました。
人形劇を初めて見るお子様が多く、手作りの人形に興味津々でした。
 「人形劇団ふうせんのり」さんは立命館大学の学生で結成されたボランティア団体になり、
子ども向けの手作りの人形劇や紙芝居を作って保育園・幼稚園・児童館等で披露されています。

      
 人形劇は小さなお子様でもわかりやすいように、先ずは紙芝居⇒手遊び⇒人形劇と段階を踏まれており、
セリフをゆっくり話すことで小さなお子様でもとっても聞き取りやすく工夫されておりました♪
人形劇の後に行われたふうせんのりさんとの交流会では、
子どもが普段触れることのない手作り人形に触れることができ、本当に楽しそうでした。


<参加者感想>
・子どもが楽しそうに見ていました。セリフも聞き取りやすかったです。
・子どもは人形劇を見てとても楽しそうでした。また見てみたいと言っていました。
・手作りで子ども達を楽しませようという温かい気持ちが伝わってきてよかったです。
・ひとつひとつ丁寧に作品を作っておられて、大人が引き込まれてしまいました。

4月16日(土)大阪大学にて「博物館見学ツアー」を開催しました。

2016年04月25日

当日は大人6名、お子様8名(小学2年生~中学3年生)の計14名の参加がありました。
みなさん大阪大学の中に入られるのは初めてで、お子様も興味津々でした。
博物館の入り口の右手には、大学構内で発見されたマチカネワニ(40万年前の化石、日本で発見されたワニ類の化石第1号)の展示があり、参加者一同お子様もその大きさに驚かれていました。
博物館では担当教員の方に、日本初期のコンピューターや、江戸時代の顕微鏡、大阪大学の歴史や、校内で採取された昆虫の標本などの説明を1時間ほど聞きながら見学しました。
特に昆虫の標本を顕微鏡で見る事ができるコーナーでは、順番待ちをするほどお子様には人気がありました。

参加者からは「いつも入ることがない大学に入れて良かったです!」や
マチカネワニの大きさに「こんな大きなワニがここにいたんだ!」と驚きの声を上げておられました。

マチカネワニの標本

実際出土したマチカネワニの化石

昆虫の標本を顕微鏡で観察

担当教員の方も熱心に説明していただきました

ココロもカラダも健康に!初めての笑いヨガ (10/8スマイル委員会)

2015年10月21日

笑いヨガとはインドでうまれた笑いの体操です。
吹田さんくすホールにて開催し、25名が参加しました。

waraiyoga1.jpg
皆で声を出して笑いながら、体を動かしたり、リラックス♪

色々なシチュエーションで笑う。
楽しみながら、体を動かして笑う。

waraiyoga2.jpg
会場いっぱいに笑い声が響き渡り、終わった後はみんな口角も上がってスッキリ☆でした(^o^)

waraiyoga3.jpg
先生からのサプライズプレゼント。
「笑い文字」を使って、参加者一人ひとりの名前を書いたカードをいただきました。

見ているだけで、ほっこりしますね(*^_^*)


*参加者感想*

・普段、こんなに「笑う」ことを意識した事がないぐらい毎日があっという間やけど...
 声を出して「アハハハ!」って言ってると、だんだん本当に楽しくなってくるんやーって思いました。 
・内容そのものがHappy♡ 2時間笑い続けて、生活の中にも取り入れられたらと思いました。
・とても楽しかったです。予想以上でした。汗もかきました。続けたいです!
・こんなに笑えたのはすばらしいです。これが、全身の体操にもなっているなんて驚きです。
・心も体もホットになって楽しかったです。子どもをあずかってもらえるのも安心でした。自分の時間がもててよかった♪

電車でGO!~大山崎山荘美術館とサントリー山崎蒸留所めぐり~

2015年10月07日

10/2(金)文化グループ主催で「大山崎山荘美術館」と「サントリー山崎蒸留所」を訪れました。

公共交通機関を利用し、ぶらぶら歩き名所などを訪ねる「電車でGO!」 

毎年恒例となったこの企画、当日はお天気にも恵まれました♪

sannsou5.jpg

JRと阪急の各最寄駅に集合し、美術館へレッツGO!

自然いっぱいの道を歩いていくと、目の前に立つ英国風の山荘。建物だけでも見る価値がある上に、美術館の中には数々の絵画作品や器、調度品が飾られ、テラスからの景色も最高なものでした。

densya3.jpg dennsya2.jpg 

昼食後は、駅前から歩いてサントリー山崎蒸留所へ。

ガイドツアーに参加し、ウイスキーの命ともいえる名水と二条大麦を使用したモルトウイスキーの原酒ができるまでの現場を見学しました。

dennsya4.jpg

たくさんの蒸留釜を使い分け、タイプの異なる原酒ができること、また、高品質なウイスキーをつくるためのこだわりがあることを学びました。

dennsya1.jpg

最後にウイスキーを試飲させてもらい、つくづく奥深さを感じ、作り手の技と情熱を感じました。

7/19(土)「簡単うどん作り♪ママは骨盤体操でリフレッシュ!」(主催:スマイル委員会)

2014年07月28日

夏休み初日の7/19(土)摂津市立コミュニティプラザにて、親子で簡単うどん作りを行いました。うどん作りには大人8名、子ども11名が参加しました。

kodomo.jpg udonnchourichuu.jpg

今回は小麦粉から作るうどん作り。水加減やこね方、伸ばし方を親子で相談されながら、楽しく作りました。初めて包丁を握ったお子さんも何院かいて、いろんな太さの麺ができました♪

kotuban.jpg

お子さんとお父さんがうどんを作っている間にお母さんは骨盤体操でリフレッシュ★5名のお母さんが教えあい講師・藤原さんに丁寧なゆがみのチェックや普段の生活で気をつけることなどを学びました。

udonnkannsei.jpg udonntaberu22.jpg

できあがったうどんは、家族みんなで試食しました♪

★参加者の感想★

「何かを作る楽しさが子どもと一緒に楽しめた」(40代男性)

「子供でも作れて良い経験をさせていただきました。家でも作ってみたいと言っています」(30代男性)

「少ない材料でいつも食べているようなうどんができるとは思わなかった」(11歳男の子)

「体の歪みの原因がわかり、日ごろの姿勢の作り方や対処法が勉強になりました。うどん作り、骨盤体操、託児、家族全員が参加できる企画がうれしいです」(30代女性)

2/5(水) 電車でGo!東大阪へ文学散歩(文化グループ)

2014年04月10日

『電車でGo!東大阪へ文学散歩』

今回は電車で東大阪にある『田辺聖子文学館』と『司馬遼太郎記念館』へ行ってきました。

IMG_0730bunngaku.jpg

雪が降ってとても寒かったのですが、田辺聖子文学館では学芸員の方の開設があり、いろいろなエピソードを聞くことができました。

司馬遼太郎記念館は、緑豊かな閑静な住宅街にあり、中に入ると数万冊の本に圧倒されました。

今回は関西の偉大な2人の作家の人生に触れ、感銘を受けました。

「どんぐり」点字講習会(9月13日)

2012年10月04日

点字グループ「どんぐり」の主催で11月までの毎週木曜日に点字講習会を計10回連続で開催しています。

9月に行われた第1回目では、まず講師の方より点字の歴史についてお話いただきました。
その後、点字板を使って「あいうえお」から文字を打ち込む練習を始めました。
参加者の皆さんはなごやかな雰囲気の中にも、真剣な表情で点字板に向かっていました。

photo photo

【文化G】いす作り(11月9日)

2011年12月20日

■ 牛乳パックでいす作り 

今回の「牛乳パックいす」は、牛乳パック72個分を使用し、

高さが1.5個分になっていて立ったり座ったりしやすく、

ヒザにやさしい“いす”に仕上がりました。

大きめだけに、牛乳パックの側面にダンボールや帯芯を巻きつけるのは大変だったけど、

参加者同士が助け合いながらわいわいと賑やかな時間を過ごすことが出来ました。
sikennsonomonodegoasu.JPG

帯芯を使用することによって、強度が増しつぶれにくくなっています。

持ち手もつけたので、持ち運びにもとっても便利!!

ご自身の分として作った方、また「孫が喜んでくれたら・・・」という思いを込めて作られた方もいらっしゃいました。

持ち帰るのは大変ですけど、みなさん大事そうに抱えて帰られました。
kanseuidskhoA.JPG
完成♪

【文化G】バスツアー

2011年09月23日

■ コープこうべ食品工場と小磯記念美術館のバスツアー 

お天気にも恵まれ、21人がバスに乗り込み、『コープこうべ食品工場』と、『小磯記念美術館』に行ってきました。

パン工場では、新鮮さへのこだわりが十分伝わってくるようなお話と

DVDを観た後、ライン見学や試食をさせていただきました。

出来上がって間もない‘ハイカラメロンパン’と野菜を練りこんだ‘スティックパン’はふわふわで格別な美味しさでした。

「今度買ってみよう!!」と口々に、皆さん満足に工場を後にしました。
pan1.JPG

小磯記念美術館では、スタッフの方から『小磯良平さん』の生前のさまざまな分野で活動されたお話や、

美術館が建てられることになったお話など教えていただきました。

時間もたっぷりあり、静かな館内を個々に観て歩きゆっくり過ごすことが出来ました。

なかなか行く機会のない美術館に行くことが出来て、皆さん「良かったわ!!」とお話をしていました。
koiso1.JPG

櫻正宗記念館の『櫻宴』で豪華な昼食もいただき、有意義な1日を過ごすことができ、とても良かったです。
shokuji1.JPG

よどがわさん イメージ

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー